がらんどう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

寺院で、伽藍神を祀ってある堂のこと。

がらんどうとは、広々としてがらんとしている状態のこと。

語源[編集]

もともと伽藍神を祭る「伽藍堂」が語源といわれる。「伽藍堂のように広々とした部屋」などといわれた事から、そのように言われるようになった。

備考[編集]

  • また、木の洞(きのうろ)のことも表す。樹皮がはがれて木のなかが腐るなどして隙間が開き、できた洞窟状の空間で、大きなものを指して言う。
  • 環境的な空虚感を表現する際、若しくは寂寥に満ちた心象風景を表す時に使用する事もある。

用例[編集]

  • 此処は人っこ一人居ない、がらんどうだ。
  • 心が虚しい、がらんどうの様だ。

関連項目[編集]