かわたな戦隊クジャクマンZ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

かわたな戦隊クジャクマンZは、長崎県東彼杵郡川棚町のローカルヒーロー。かわたな戦隊クジャクマンよりご当地ヒーローとしての役目を引き継いだ、2代目。

概要[編集]

2012年、東彼商工会青年部川棚支部により、かわたな戦隊クジャクマンの全面リニューアルとして発足。

2012年8月の「かわたな夏まつり」で初登場した。 地域振興・青少年健全育成の精神をもとに日々災いと戦っている。

主に川棚町のイベントに出演しており、ヒーローショーを通して、子供たちに善い行い悪い行いを伝えている。 [1]

また、アピール川棚応援隊とのコラボレーションにて、町内にはデフォルメされたクジャクマンZの安全喚起看板が

いたるところに配置されている。

主な活動[編集]

クジャクマンショー[編集]

  •    5月5日  くじゃく祭り
  •   8月14日  夏祭り
  •  12月第1日曜 川棚ステーションツリー点灯式
  •  その他     地元 幼稚園・保育園 イベント時

イベント参加[編集]

  •    川棚栄町100縁翔店街
  •    川棚町ふるさと感謝祭
  •    他町 ゆるきゃらイベント参加

テレビ出演[編集]

登場キャラクター[編集]

クジャクマンZ[編集]

3人編成でスタート。リニューアル後は各キャラが登場時に行う名乗りを省略、名前のみとなった。 その代わりに、3人の武器を重ね合わせ「Z」をカタチづくる決めポーズが追加された。 足元は引き続き、地下足袋を着用している。 のちにクジャクシャドウ、クジャクハリケーンがそれぞれ加入し5人となった。

クジャクファイヤー(赤)[編集]

みんなの熱い心から生まれた。 正義の心が生み出すパワーで、チョバーズを蹴散らす。 チョバーズ3人がかりでもビクともしない。一直線ゆえに無茶をしてしまうこともある。 たまに相手の攻撃をきちんと受けられないことがあるが、訓練不足と思われる。 クジャクレッドとは別人。 シャドウ加入後に武器が両刃ソードからショートソードへ変更された。(扱いづらかったらしい)

  • 武器: ショートソード

クジャクオーシャン(青)[編集]

大村湾の大いなる流れより生まれた。 華麗な動きで、敵を寄せ付けない。チョバーズに真っ先に切りかかる特攻役。

一番人気だったころもあるが 最近は重心が変わったのか、不可思議な動きをする模様。

しゃべる際にたまに噛むこともあるが、いたって冷静。 クジャクブルーとは別人。

  • 武器: ショートソード

クジャクフラワー(黄)[編集]

虚空蔵に咲く美しい花たちより生まれた。 クジャクマンの紅一点、やさしさ溢れる優しい女性。乱暴なヤツには容赦しない。 メディアに出演する際に、三段オチを披露するなどマルチな才能をもつ。 クジャクピンクとは別人。買い物の際には、クジャクマンZトートバッグを愛用しているらしい。もっとも体型が変わりやすく、身長のふり幅が大きい。

  • 武器: ショートソード

クジャクシャドウ(黒)[編集]

チョバーズが新兵器開発のために用意したワルサー製造機が、誤作動を起こしたことにより誕生した。 原材料の「チョバ玉」は、子どもたちが「いいおこない」をしたときに授かる「よか玉」をチョバーズが変化させてしまったもの。 そのため、正義の心をひそかに持っていた。その力は絶大で、クジャクマン3人がかりでも勝てないほど。 しかしすぐにドクローンのやり方に疑問をもち、チョバーズとは敵対。単独行動をとっていた。 ドクローンの策により捕えられ、頭部の羽をもぎ取られて瀕死の状態になったが、クジャクマスターから力を授けられクジャクシャドウとして新生。 名実ともにクジャクマンZの一員となる。

  • 武器: ショートソード

クジャクハリケーン(緑)[編集]

川棚にふく風の力をまとう、5人目の戦士 2015年12月、久しぶりに川棚に帰ってきた。 とても寒がりで冬は全身防寒するが、そのファッションセンスはイマイチで、とても不審。 争いを好まず、戦うくらいなら逃げることを選び、その逃げ足は天下一品。 しかし仲間を傷つけられたときには、ヒーローとしてその力を発揮し、チョバだけなら簡単に蹴散らす。 5人での必殺技、クジャクマックスゼットタイフーンではトドメをさす役割。2018年放送のげなパネ!にて登場時のあまりの声の小ささに、「覇気がねねぇ」と話題になった。

  • 武器: ショートソード

クジャクマスター[編集]

伝説の戦士。初代クジャクマンよりも前に、悪と戦っていた老兵。 シャドウの正義の力を見抜き、その生命力を信じて数少ない「正義の羽」を託した。 50年に一度の大技「喝!!」にてチョバーズ全員を吹き飛ばすなど、その力は伝説の名に恥じないが、腰が弱い。 クジャクホワイトとは別人。

  • 武器: 杖(攻撃力はない)

チョバーズ[編集]

子どもたちの悪の心から誕生する「悪心生誕チョバーズ」。ボスと戦闘員「チョバ」からなる。

チョバの人数は、ショーに参加できる人間の数、つまり参加者の仕事の都合で増減する。

ドクローン[編集]

頭部がドクロ、手も骨となっている。ガイコツがモチーフ。 頭巾をかぶっているが、すぐ脱げるため、ハゲたように見えてよく笑われる。 2015年8月 禁断の儀式を経て、「魔人オーガー」となる。

  • 武器: ノコギリ大剣

魔人オーガー[編集]

頭部が真っ赤な鬼の顔、手も赤い皮膚となっている。赤鬼がモチーフ。 ドクローンよりも、行動・言動が一層恐ろしくなっている。 禁断の儀式を強行したため完全体ではないが、クジャクマックスゼットバスターを全てはじき返すほどの力をもつ。近くで見ても遠くで見てもかなりやばい見た目をしているため、保育園に出現するとシャレにならないほどの悲鳴が響き渡る。 子供たちの正義の力が具現化した「クジャクマンボール」が有効。最近、背が伸びた。

  • 武器: 血塗られた大剣

チョバ[編集]

胸に「ち」と書かれたバッジをしているのが特徴。かん高い声で「チョバチョバ」といいながら、子どもたちを襲う。

イタズラ心の塊のため単体での危険はあまりなく、旬な芸人をモチーフにした(パクった)ものを披露しがち。

しかし、ボスのいうことは何でもきいてしまうため、こどもたちの脅威になることも。

おおよそ3~5人の出現が多いようだが、1度だけ1名ででてきたことがあり、その際は最終的に戦わずに帰った

登場時にチョバーズダンスを踊りながら登場し最後までいるため、もはやヒーローより出演時間が長く、もっともキツいらしい。

  • 武器: トラ柄スティック

チョバガール[編集]

女性版チョバ。か弱い女性に手をだせないクジャクマンを苦戦させる。

その他の登場人物[編集]

天使[編集]

いいおこないをした子どもに「よか玉」を与えてくれる。 普通の人間には見えないが、観客には見えるらしい。 金色タイツにアフロに仮面という、パンチのある姿だったため、初回登場時に「変態」と連呼され、以降出演していない。

トントン[編集]

クジャクマンに憧れる、子ブタくん。ブタなのにガリガリ。 ドクローンにハムにされそうになるのがイヤになったのか、現在は休眠中。 (リアルすぎて怖かったという噂も)

石木川太郎[編集]

かわたな男子の象徴のような男子小学生。小学校は卒業してしまったらしい(演者の転勤説が最有力)

小串棚子[編集]

かわたな女子の象徴のような女子小学生。(同上)

脚注[編集]

  1. ^ 宮崎智明「ホットほっと街角 新ご当地戦隊登場」『長崎新聞』2012年(平成24年)8月16日付9面。

外部リンク[編集]