かぼちゃひこうせん ぷっくらこ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

かぼちゃひこうせん ぷっくらこ』(Den underbara pumpan)は、スウェーデン児童文学作家レンナート・ヘルシングスウェーデン語版著作、スベン・オットースウェーデン語版絵による絵本の作品。日本では奥田継夫木村由利子に訳され、アリス館から出版された。

あらすじ[編集]

おおくまとこぐまは友達で大の仲良し。アリの卵とハチミツが何よりのごちそうであった。そんなある日、食事中にこぐまの口からのようなものを発見。早速庭先に出てそれを植えてみると、なんとそれはかぼちゃであった。さらにかぼちゃは、日を重ねるごとにどんどん大きくなっていった。しかし、成長が進むにつれて家におちおち住めないと見限ったおおくまとこぐまは、おばけかぼちゃを家に改造し、引越しを開始する。