かたわ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

かたわ(片端・片輪)とは、日本で古くから使用されている言葉で、身体の一部に欠損があることや、その欠損を持つ人を意味する。身体障害[1]

概要[編集]

源氏物語でも使用されている古い言葉であり、両輪のうち片側だけとか、体が肉体的に欠損や不具合があることや身体障害者を指す[2](「片」はそれだけで不完全という意味を持ち、「かたわ」は不完全なもの、不恰好な物を意味する。片足しかなかったり片側の輪が無い車輪など)。もっとも、どちらが先に語源となったかは定かではない。

障害者を「カタワ」「かたわもの」と表現することもある(障害者参照)。またこれは、肉体的に不完全という意味だけではなく、精神的に不完全であったり、かつては戦いにおいて役に立たない建たない(もしくは立たなかった)人をも指す[2]明治期からの富国強兵の国是のもとでは障害者は強兵足ることはできず、すなわち「国を富ませるものではない」という発想のもとで、世間では戦前までは「かたわもの」と蔑む傾向があった[1]

かたわは差別用語か[編集]

現在日本の多くのメディアでは差別用語とされ放送禁止用語とされるテレビラジオ新聞などで使用されることはほとんどない。しかし、「障害」という直接的な表現をあえて婉曲的に表現することが日本人古来の言語的感性であり、「かたわ」という表現の方が「障害者(障礙者)」などと直接的に表現するよりもはるかに障害者へ配慮した言葉であり、「かたわ」のような言葉自体を駆逐する態度は言葉狩りの一環であり、正しい姿勢ではないとする見方もある[1]

自ら障害を持ち「僕は、カタワです」と発言した乙武洋匡の例もある。

かたわを扱った作品[編集]

重度の運動障害を扱った江戸川乱歩の『芋虫』をはじめ、言語障害者が主人公である三島由紀夫の『金閣寺』、精神障害者を扱った坂口安吾の『白痴』など日本文学だけでも多くあるが、海外文学や絵画演劇漫画映画などにも多く描かれる。 (障害を扱った作品の一覧参照)。

脚注[編集]

[ヘルプ]