かぞくいろ RAILWAYS わたしたちの出発

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
かぞくいろ
RAILWAYS わたしたちの出発
監督 吉田康弘
脚本 吉田康弘
製作 石田和義
秋吉朝子
櫛山慶
石田聡子
製作総指揮 阿部秀司
出演者 有村架純
國村隼
桜庭ななみ
歸山竜成
木下ほうか
筒井真理子
板尾創路
青木崇高
音楽 富貴晴美
撮影 柴崎幸三
編集 村上雅樹
制作会社 ROBOT
配給 松竹
公開 2018年11月23日鹿児島県熊本県先行公開)
2018年11月30日(全国)
上映時間 120分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ
テンプレートを表示

かぞくいろ RAILWAYS わたしたちの出発』(かぞくいろ レイルウェイズ わたしたちのしゅっぱつ)は、2018年11月23日鹿児島県熊本県で先行公開、11月30日に全国公開の日本映画。キャッチコピーは『もう一度つくれますか?いちど失くした家族。』、『忘れていた、あなたの家族への想いがあふれ出す。』。

概要[編集]

RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』、『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』に続くRAILWAYSシリーズ第3弾で、前作より約7年ぶりに製作、公開された。前2作は男性の電車運転士を主人公にしていたが、今作は初めてディーゼルカーを運転する女性運転士を主人公に取り上げ、肥薩おれんじ鉄道を舞台に2018年1月から2月にかけて撮影が行われた[1][2]有村架純國村隼がダブル主演を務める[3]

音楽は、同時期に鹿児島を舞台にした大河ドラマ西郷どん』を担当していた富貴晴美が務めた。

あらすじ[編集]

晶と夫の修平、そして修平の連れ子の駿也の3人家族は、東京で仲良く暮らしていた。しかし、ある日修平はくも膜下出血で突然死してしまう。残された2人はとある事情で東京を離れ、修平の故郷・鹿児島に向かい、まだ会ったことのない義父の節夫を訪ねる。節夫は長年鉄道の運転士をしており、妻には先立たれ一人で暮らしていた。突然やって来た晶と駿也に戸惑いつつも受け入れ、血の繋がらない3人は新しい家族として一緒に暮らすことになる。そして職を探していた晶は、鉄道好きの駿也のために、修平の子供のころの夢だった鉄道の運転士になることを決意し、肥薩おれんじ鉄道の入社試験を受ける。

登場人物[編集]

奥薗晶:有村架純
  • 主人公。天涯孤独の身であったが、スーパーで修平に声をかけられたことがきっかけで知り合い、後に結婚。駿也の継母となる。
  • 修平の急死で駿也をかかえ、藁をもつかむ気持ちで節夫のいる鹿児島へやってきた。その後、駿也に影響を受けて肥薩おれんじ鉄道の運転士を目指す。
奥薗節夫:國村隼
  • 修平の父。国鉄時代から運転士をしており、かつては寝台列車の乗務も経験した。現在は肥薩おれんじ鉄道に勤務。
  • 修平とは疎遠になっており死亡した事すら知らなかったが、突然訪ねてきた晶と駿也を温かく迎えた。
  • 勤務先では晶の面接を相羽とともに担当。
佐々木ゆり:桜庭ななみ
  • 駿也の通う小学校で担任教師をしている。晶とは同い年であり、お互いに良き相談相手となる。
奥園駿也:歸山竜成
  • 晶の継子で修平の長男。晶のことを「晶ちゃん」と呼ぶ。父の影響で鉄道好き、よく列車の絵を描く。
  • 家族の前では明るいが根は人見知りで、修平の死を受け入れられずにいる。
相羽雅樹:木下ほうか
  • 肥薩おれんじ鉄道の社員。晶の面接を節夫とともに担当した。
楠木幸江:筒井真理子
  • 節夫の姉。晶、駿也のことを気にかけている。
水嶋徹:板尾創路
  • 肥薩おれんじ鉄道の先輩運転士。
奥薗修平:青木崇高
  • 晶の夫。父の影響で鉄道が好きだった。成人後は上京してイラストレーターとなる。
  • 先妻を駿也の出産直後に亡くし、後に晶と再婚して3人で暮らしていた。
  • 性格は快活明朗だが、共同出資で起業する予定だった友人に騙され資産を失い、鹿児島に帰りたい本心を晶に一蹴されるなど内心では苦悩していた。

スタッフ[編集]

タイアップ[編集]

肥薩おれんじ鉄道
2018年10月26日から、本作のラッピング車両(HSOR-100形)を運行[4][5]。線内主要駅では同年12月15日から2019年2月28日まで、フリー乗車券「『かぞくいろ』きっぷ」が発売された[6]

関連商品[編集]

  • 『かぞくいろ –RAILWAYS わたしたちの出発-』オリジナル・サウンドトラック、松竹音楽出版、2018年11月21日発売、SOST-1033
  • 大石直紀(著)・吉田康弘(脚本)『かぞくいろ -RAILWAYS わたしたちの出発-』、小学館文庫、2018年10月15日発売、ISBN 9784094065671
    映画脚本を原案にオリジナルストーリーを追加した小説版。
  • 高橋遠州(原作)・永松潔(作画)『テツぼん』第23巻、ビッグコミックススペシャル、2018年11月30日発売、ISBN 9784098601783 第24巻、ビッグコミックススペシャル、2019年6月28日発売、ISBN 9784098603480
    漫画『テツぼん』と『かぞくいろ -RAILWAYS わたしたちの出発-』のコラボレーション回が収録されている。

脚注[編集]

外部リンク[編集]