かがくいひろし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

かがくい ひろし(加岳井 広, 1955年 - 2009年9月28日)は日本の絵本作家

解説[編集]

東京都出身。1980年東京学芸大学教育学部卒業。美術教員として教鞭をとりながら、人形劇活動や造形作品の発表を行う。2003年、第13回紙わざ大賞展準大賞、2004年、第26回講談社絵本新人賞佳作を受賞(二度目)[1]2005年に『おもちのきもち』で第27回講談社絵本新人賞を受賞、これがデビュー作となった。2009年に54歳ですい臓がんのため急逝する[2]までの短い期間のうちに、多くの作品を発表した。代表作『だるまさん』三部作シリーズは累計50万部を超えるベストセラーである。

作品リスト[編集]

  • 『おもちのきもち』、講談社、2005年、第27回講談社絵本新人賞受賞。
  • 『もくもくやかん』、講談社、2007年
  • 『ふしぎなでまえ』、講談社、2008年
  • 『はっきよい畑場所』、講談社、2008年
  • 『みみかきめいじん』、講談社、2009年
  • 『おむすびさんちのたうえのひ』、PHP、2007年
  • 『なつのおとずれ』、PHP、2008年
  • 『だるまさんが』、ブロンズ新社、2007年
  • 『だるまさんの』、ブロンズ新社、2008年
  • 『だるまさんと』、ブロンズ新社、2008年
  • 『おしくらまんじゅう』、ブロンズ新社、2009年
  • 『おふとんかけたら』、ブロンズ新社、2009年
  • 『まくらのせんにん さんぽみちの巻』、佼成出版社、2009年
  • 『まくらのせんにん そこのあなたの巻』、佼成出版社、2009年

脚注[編集]

  1. ^ 著者インタビュー かがくいひろし さん(1/15)”. 楽天ブックス (2009年1月15日). 2015年6月25日閲覧。
  2. ^ 2009-09-29. “かがくいひろし氏死去 絵本作家”. 47NEWS. http://www.47news.jp/CN/200909/CN2009092901001049.html 2015年6月25日閲覧。