おサル電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おサル電車

おサル電車(おサルでんしゃ)とは、上野動物園で運用されていた遊戯施設で、先頭に運転又は飾りのためにが座り、客を乗せて走る電車のこと。愛称はお猿の電車

概要[編集]

新幹線車両を模したおサル電車(1967年撮影)

おサル電車は、1948年9月23日に上野動物園で営業開始した。当初の運用は、バッテリー駆動電気機関車を猿が運転して客車を牽引する方式で[1]、乗客は子供、金額は3円であった。猿が運転するわけだから、気ままにバックしたり、止まったりすることがあり、それもうりの一つであった。おサル電車は、スタートするとたちまち人気アトラクションとなった[2]

その後、猿の訓練が大変であること、10歳以上の猿は凶暴性を帯びて乗客に危害を加える可能性があることなどを理由に1955年ごろには猿による運転が中止されて係員による操作に切り替えられ、猿は先頭車に座るだけとなった[1]。後に再び猿の運転になった[3]

1962年5月には開園30周年を機に大幅な改装が行われ、軌間は従来の455mmから520mmに、軌条は6kgから9kgに、集電方式直流第三軌条方式になった。車両も大型化され、先頭車は当時開業間近であった新幹線車両を模したものとなった[4]

しかし1973年に動物の愛護及び管理に関する法律が制定、「おサル電車は、猿に多大な負担をかける」という判断から、動物園は廃止を決定。おサル電車は1974年6月30日に廃止された[2]

最終日には「さよならおサル電車」が開かれ、今まで運転する側であった猿が乗客となる場面もあった[2]

背景[編集]

おサル電車についての諸背景を以下に記す。

誕生について[編集]

おサル電車の誕生には、太平洋戦争が大きな影響を及ぼした。空襲によって動物園のオリが壊れて猛獣が逃げ出すことを恐れて、ゾウライオンといった人気のある動物が殺処分された結果、終戦時、上野動物園には人を呼べるものが無かった。こうした中で、子供たちへの企画の一つとして、おサル電車は誕生した[2]。なお、おサル電車を世に生み出したのはロボット研究家である相沢次郎と言われることがあるが、相沢が上野動物園に提案したのはロボットが運転する電車であり、サルが運転する電車を考えたのは上野動物園側である[2]。ただし、完全に縁がなかったわけではなく、初代おサルの電車は相沢が提供したロボット電車に猿が搭乗していた[2]

また、このおサル電車は子供向けのアトラクションの他に、動物心理学の実験、猿の知能の紹介といった目的もあった[2]

廃止原因の圧力説[編集]

上述したとおり、おサル電車の廃止は動物園側の考えによる。ところが、「おサル電車は、動物愛護団体の圧力で終了した」というイメージが広く知れ渡っている。これは、おサル電車の廃止決定後、存続派の人と動物愛護団体との激論をテレビなどのマスメディアが大きく取り扱ったためである[2]

特記事項[編集]

  • かんべむさしの短編小説『車掌の本分』はおサル電車を題材としており、中学校の国語の教科書にも掲載された。
  • こちら葛飾区亀有公園前派出所でもおサル電車が取り上げられた。(JC157巻「おさるの電車物語の巻」。作者の秋本治も乗車したことがあった。)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 上野動物園の“おサル電車”が15周年 - 毎日新聞 ニュースボックスアーカイブ、1963年9月23日、2010年11月7日閲覧
  2. ^ a b c d e f g h 白土健、青井なつき『なぜ,子どもたちは遊園地に行かなくなったのか?』創世社、2008年5月
  3. ^ 「こちら葛飾区亀有公園前派出所」157巻より。
  4. ^ 交友社『鉄道ファン』1962年11月号(通巻17号)p71

文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

上野の山のおサル電車