おれんじ えひめ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おれんじ えひめ
基本情報
船種 フェリー
船籍 日本の旗 日本
所有者 四国開発フェリー
運用者 四国開発フェリー
建造所 あいえす造船
母港 愛媛県西条市
姉妹船 おれんじ おおさか
建造費 約80億円[1]
信号符字 JD4400
IMO番号 9820946
MMSI番号 431011673
経歴
進水 2018年4月18日
就航 2018年8月25日
現況 就航中
要目
総トン数 14,749 トン
排水量 18,864 トン(満載時)
全長 199.94 m
垂線間長 187 m
全幅 27.5 m
型深さ 10.2 m
満載喫水 6.7 m
機関方式 ディーゼル
最大出力 13,500KW
最大速力 22.784ノット
航海速力 19.0ノット
旅客定員 519名[1]
車両搭載数 乗用車45台・12mトラック175台
テンプレートを表示

おれんじ えひめは、四国開発フェリー(オレンジフェリー)が運航するフェリー。愛媛県西条市の東予港大阪南港を結ぶ航路に就航している。

概要[編集]

おれんじ8の代船として、あいえす造船本社工場で建造され、2018年に就航した。

客室は「動く海上ホテル」をコンセプトに[1][2]、相部屋が敬遠され上位の客室から先に埋まる情勢から10年後を見据えて[2]、大部屋を設けず日本のフェリーではで初めて全室を個室とした[2][1]

車両甲板はモーダルシフトによるトラック需要の増加を見据えて旧船「おれんじ8」よりトラック積載量を3割増加させ[1]、従来の139台から160台とした[2]

また、自転車利用客向けにデラックスシングル客室に自分の自転車を直接持ち込める「マイバイクステイサービス」も導入された[3]

船型は絞り込んだ形とすることで抵抗を減らし、旧船と比較して燃料消費量の1割削減を見込んでいる[1]

本船の就航に合わせ、東予港の新フェリーターミナルが供用を開始した。

船内[編集]

6階
  • 展望室「スカイラウンジ」
5階
  • 特別室「ロイヤルA」(2名×2室 ツインベッド)
  • 特等A個室「スイート」
    • 洋室(2名×24室)
    • 和室(4名×5室)
    • 和洋室(2名×5室)
    • withペット(2名×1室)
  • 1等室「デラックスシングルwithペット」(1名×1室)
  • 2等寝台「シングル」(1名×14室×8区画)
  • 展望浴室
  • シャワー室
  • ゲームコーナー
  • ペットルーム
  • フォワードラウンジ(特別・特等室利用者専用)
4階
  • 特別室「ロイヤルB」(2名×2室 ダブルベッド)
  • 特等A個室「スイート」(2名×2室 バリアフリー)
  • 1等個室「デラックスシングル」
    • 通常室:49室
    • バリアフリー室:1名 内側8室・外側9室)
  • 2等寝台
    • シングル(1名 18室5区画、2室1区画)
    • シングルプラス(2段ベッド 18室2区画)
    • シングルドライバールーム(1名 10室3区画、9室2区画、8室1区画、5名1区画、予備室6名1区画)
  • レストラン
  • インフォメーション
  • キッズスペース
  • ドライバーレストラン
  • ドライバー浴室

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]