おやじの会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

おやじの会(おやじのかい)は、小学生の父親を中心としたPTA活動またはそれに準じた活動のための地域組織。実際の名称は様々である。中学生の父親やOB、一部地域の特別支援学校では、教師やPTAも支援している例があり、必ずしも現役小中学生の親とは限らないケースもある。

概要[編集]

東京に於いてのおやじの会の発祥は1986年3月、東京都中野区立中野富士見中学校、(現中野区立南中野中学校)が起源と言われる。 当時は、いじめ事件で抗議や批判が殺到し、時のPTA会長が「学校は地域の核。学校を守りたい」と、周囲の父親たちに「おやじの会」の立ち上げを呼びかけ、発足した[1]。 PTAが母親を中心とした活動になりがちで、活動時間帯や形態が母親に特化してしまいがちなため、父親が参加しやすい形態として「おやじの会」が存在する。 通常のPTA活動と異なる場合もあるが、PTAとの連携、下部組織として活動している組織もある。地域により活動時間帯が休日中心となる。最近は母子家庭に配慮し、別な名称で活動している団体もある[2]

おやじ日本の見解によると、2009年現在、日本全体で約4000団体のおやじの会が存在する[3]

おやじ日本[編集]

2004年6月[4]に当時東京都副知事の竹花豊警視庁と協力し「おやじの会」のネットワーク組織「おやじ日本」を結成。その後2009年2月に「特定非営利活動法人(NPO法人)おやじ日本」として再スタートを切る。

2006年に、映画『ボディ・ジャック』を推薦している[5]

日本「おやじの会」連絡会[編集]

おやじの会の発祥地は川崎市で1982年に「おやじの会『いたか』」が全国に先駆けて出来たおやじの会と言われている。 日本「おやじの会」連絡会は、4,000団体とも言われるおやじの会の「ゆるやかなネットワーク」を作ることで、全国のおやじの会が共に交流を深め、全国のおやじの会の情報交換の場、全国おやじサミットの支援、これからおやじの会を作ろうとしているところへの支援を通じ、情報交換することによって子ども達のため我々おやじ達に出来ることは何かを、共に考え行動しようと言うもので、2005年9月3日に京都で開催された第3回全国おやじサミットイン京都[6]において設立が採択された、会則も縛りもない「ネットワーク型組織」である。 教育委員会や国会議員と言った公的役員が主導権を取るのではなく、全て在野のおやじの会によって運営され、誰にも強制されないで運営されている。その在野のおやじ達が集まって年に1度、「全国おやじサミット」を開催している。開催地の決定は全国おやじサミット終了後の懇親会にて、各おやじの会の挙手(立候補)によって、次回の開催地が決まるシステムである。従って組織のトップが「来年は○○おやじの会でやれ」と言った半強制的なものではない為、自主的に運営する事で、平成28年で14回目の全国おやじサミットin TOKYOまで続いているのである。何の肩書きもないおやじ達が、子ども達とおやじ達のモチベーションの維持と、全国のおやじ達との共有される思いを確認するおやじサミットでもある。

全国おやじサミット[編集]

「日本おやじの会連絡会」の最も大きなインベントとして、全国のおやじの会の「おやじ達」の資質の向上、それぞれが集う「おやじの会」組織の活性化、ネットワーク化を通じ、子どもたちの為に、また家庭や地域で主体的な役割を実践していこうとする思いを持つ全国のおやじ仲間が1年に一度各県に集い、交流を深め、パワーを充電する場として2003年に第1回を香川県で開催して以後、三重県、京都府、鳥取県、広島県、富山県、大分県、兵庫県、熊本県、北海道(札幌市)、宮城県、愛媛県の各道府県で開催されて来た。北海道では特別支援学校のおやじの会も北海道全域のサミットを開催している。[7]。 先述の如く、平成28年は東京都小金井市での開催があり、東京の懇親会では平成29年鹿児島日置市、平成30年広島県東広島市、平成31年神奈川県座間市での開催が決定した。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]