おもてなし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

おもてなし(御持て成し)とは、心のこもった待遇のこと。顧客に対して心をこめて歓待接待サービスをすることを言う。「もてなし」に「お」を付けて、丁寧にした言い方である[1]

概要[編集]

2013年平成25年)9月7日に、国際オリンピック委員会第125次IOC総会で、滝川クリステルが「おもてなし」と発言したことから、この言葉が世界に広まった。滝川クリステルは、東京にオリンピックを招致するアンバサダーとして壇上に上り、フランス語で「日本のおもてなし」というものを紹介した。このことにより、「お・も・て・な・し」は2013年新語・流行語大賞に選ばれるまでになった[2]

お遍路におけるお接待など、布施の精神に基づくものが、日本の文化として知られる(遍路接待には、良い行いの実践としての意味、功徳を積むという意味がある)。

地方公共団体には「おもてなし課」などの部局を設置しているところが存在する[3]。高知県観光振興部には2007年度に「おもてなし課」が設置され、映画『県庁おもてなし課』のモデルになった[4]。この高知県観光振興部おもてなし課は2022年度の機構改革による統廃合で消滅し、業務は地域観光課や国際観光課などに振り分けられ、観光政策課に「おもてなし室」が新設されることになった[3]

日本では観光立国の政策が打ち出され、外国人観光客を毎年2000万人以上にすることを目標値にした。観光立国の実現のためには各地域において、国外・国内からの旅行者の受け入れ体制を向上させる必要があるとして、観光庁は2014年(平成26年)に、各地域の観光協会等に参加を促し「観光おもてなし研究会」を設置した[5]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

参照項目[編集]

外部リンク[編集]