おもちゃ (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おもちゃ
監督 深作欣二
脚本 新藤兼人
出演者 宮本真希富司純子南果歩喜多嶋舞津川雅彦魏涼子
音楽 天野正道
撮影 木村大作
編集 園井弘一
製作会社 東映
ライジングプロダクション 
配給 東映
公開 日本の旗 1999年1月15日
上映時間 113分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

おもちゃ』は、1999年に公開された日本映画。監督は深作欣二溝口健二監督作品『祇園の姉妹』のオマージュとして新藤兼人(新藤は溝口に師事している)が執筆した小説を新藤自身が脚本化。

宮本真希のデビュー作である。主人公の舞妓名「おもちゃ」は『祇園の姉妹』の主人公の名前でもある。

あらすじ[編集]

売春防止法施行前後の昭和33年、京都の花街。貧しい職人の家に生まれた時子は、置屋藤乃家で仕込みおちょぼ(下働きの舞妓見習)として働いていた。

あるとき女将里江のパトロンである吉川が、息子が藤乃家の芸妓である照蝶にたぶらかされたと怒鳴り込んでくる。呉服屋の婿養子である吉川が金のかかる里江と別れるために息子と謀った策略だった。照蝶に手を上げる吉川に里江は別れを決意するが、時子を舞妓としてひとり立ちさせるために金策に走らなければならなかった。里江が新たなパトロンに一夜身を任せ、時子がいよいよ舞妓「おもちゃ」として水揚げされることになった。

製作経緯[編集]

当時の東映社長・岡田茂は、「新藤兼人深作欣二祇園のことをあまり知らないから、勉強してこいと一ヶ月祇園に遊びに行かせた」と話している[1]。大ヒットした『バトル・ロワイアル』の前作にあたるが、興行は振るわなかったという[1]

主人公の時子役として「イメージがついていない新人」を求め、宝塚歌劇団に所属しながら女優の道を模索してていた宮本と面談し決定した。東映の「吉原炎上」(1987年)に感銘を受けていた宮本は、ヌードシーンに対してもためらいはなかった[2]。水揚げが決まったあと、時子が思いを寄せる恋人への気持ちを断ち切るために職場へ出向くシーンでは、宮本と深作で演技プランの対立があったが、宮本案が採用され、深作も「いいシーンが撮れた」と涙を流した[3]

クランクイン直後にメイン・カメラマンが降板し撮影休止となったが、急きょ木村大作が駆けつけ続行された[4]。撮影は3か月以内の予定だったが、結果的に半年ほどかかった[4]

深作にとって本作は監督59作目。当時70歳近く、すでに前立腺癌を発症していた[3]

キャスト[編集]

受賞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 立松和平 『映画主義者 深作欣二』 文藝春秋2003年、177頁。ISBN 4-89036-181-2
  2. ^ 深作欣二のバイオレンス、撮影中はずっとビビってたアサヒ芸能、 2012年12月18日
  3. ^ a b 深作欣二のバイオレンス、皆が「この人のためなら」アサヒ芸能、2012年12月20日
  4. ^ a b 深作欣二のバイオレンス、俳優の個性を大事にするアサヒ芸能、 2012年12月19日

外部リンク[編集]