おもちゃの国の赤ん坊たち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
おもちゃの国の赤ん坊たち
Babes in Toyland
BabesInToyland1.jpg
シートミュージック表紙
作曲 ヴィクター・ハーバート
作詞 グレン・マクドナー英語版
脚本 グレン・マクドナー
上演 1903年, 1905年 ニューヨーク
1929年, 1930年 ブロードウエイ
1934年 映画化
1961年 再度映画化
1972より毎年 オフ・ブロードウェイ
テンプレートを表示

おもちゃの国の赤ん坊たち』(原題:Babes in Toyland)は、グレン・マクドナー英語版脚本、ヴィクター・ハーバート作曲によるオペレッタマザー・グースに登場する様々なキャラクターが登場するクリスマスをテーマとしたエクストラヴァガンザである。1903年1月よりニューヨークで上演されていた『オズの魔法使い』の大成功を受けて、製作者のフレッド・R・ハムリンと演出担当のジュリアン・P・ミッチェルはより多くのファミリー向けミュージカルを製作する事を望んだ[1]。マクドナーは同作にはライマン・フランク・ボームによる脚本の改訂で関わっていた。ミッチェルとマクドナーはヴィクター・ハーバートに対して製作に加わるように説得を行った[要出典]。『おもちゃの国の赤ん坊たち』にはハーバートの作品としては特に著名な曲である「Toyland(トイランド)」「March of the Toys(おもちゃの行進)」「Go To Sleep, Slumber Deep」「I Can't Do the Sum」が用いられている。主題である「トイランド」と同作中で最も著名な器楽曲「おもちゃの行進」はしばしばクリスマスソング集にも収められる事がある。 1903年6月、シカゴ・グランド・オペラ・ハウスで開幕し、10月のニューヨーク初演までの間に東海岸の諸都市で193公演が上映された。その後も数多くの成功した上演や再上演が行われている。本作の人気が出た事により、以降10年ほどの間に数多くのおとぎ話が上演される事となった[2]

脚注[編集]

  1. ^ Bloom and Vlastnik, p. 29
  2. ^ Bloom and Vlastnik, p. 255

参考文献[編集]

  • Bloom, Ken and Vlastnik, Frank. Broadway Musicals: The 101 Greatest Shows of all Time. Black Dog & Leventhal Publishers, New York, 2004. 1-57912-390-2