おみおくりの作法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おみおくりの作法
Still Life
監督 ウベルト・パゾリーニ英語版
脚本 ウベルト・パゾリーニ
製作 ウベルト・パゾリーニ
フェリックス・ヴォッセン
クリストファー・サイモン英語版
製作総指揮 バーナビー・サウスクーム
出演者 エディ・マーサン
音楽 レイチェル・ポートマン
撮影 ステファーノ・ファリヴェーネ
編集 トレイシー・グレインジャー
ギャヴィン・バックリー
製作会社 Redwave Films
Embargo Films
Rai Cinema
配給 イタリアの旗 BiM Distribuzione
日本の旗 ビターズ・エンド
公開 イタリアの旗 2013年12月12日
日本の旗 2015年1月24日
上映時間 91分
製作国 イギリスの旗 イギリス
イタリアの旗 イタリア
言語 英語
テンプレートを表示

おみおくりの作法』(おみおくりのさほう、Still Life)は、2013年イギリスイタリア合作のドラマ映画。監督・脚本のウベルト・パゾリーニ英語版ガーディアン紙に掲載された「孤独死した人物の葬儀を行なう仕事」に関する記事から着想を得て、ロンドン市内の民生係に同行して実在の人物や出来事について取材を重ねた末に誕生した作品である[1]

2013年の第70回ヴェネツィア国際映画祭オリゾンティ部門で初上映され、監督賞を含む4賞を受賞している[1]

ストーリー[編集]

ロンドンケニントン英語版地区の民生係として働くジョン・メイは44歳の独身男である。彼の仕事は孤独死した人物の葬儀を行なうというもので、事務的に処理することもできるのだが、几帳面な性格のジョンは誠意をもって1人1人を丁寧に「おみおくり」している。ところが、人員整理によって解雇されることになり、ジョンの向かいの家で孤独死したビリー・ストークの案件が最後の仕事となる。近くに暮らしていながら言葉も交わしたことがないビリーの死に、同じように孤独な1人暮らしをしているジョンは少なからずショックを受け、ビリーを知る人々を訪ねてイギリス中を旅することにする[1]

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

受賞[編集]

その他[編集]

  • 主演のエディ・マーサンは本作の脚本を読んだ印象を訊かれ、「計算されたアイデアや小手先で書かれた脚本ではなく、真面目で誠実で、とても珍しくユニークだったので、是非とも演じたいと思いました」と答えている。[4]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]