おまさの方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

おまさの方(おまさのかた、生没不詳)は、江戸時代の女性で、3代将軍・徳川家光側室。院号は不明。

生涯[編集]

尾張藩家老・成瀬氏の娘として生まれたとされる。3代将軍・徳川家光の世継ぎを生ませるために、家光の乳母・春日局の計らいによって大奥へ入る。

はじめは、春日局の部屋子であったが、寛永20年(1643年)、家光との間に次男・亀松を出産する [1]。ただし、『以貴小伝』では母はまさとあるが、『幕府祚胤伝』ではが母であると記載されている。亀松は正保4年(1647年)に夭逝した。

脚注[編集]

  1. ^ ただし『 徳川実紀』『江戸幕府日記』等では、亀松の生年を正保2年2月29日(1645年3月26日)としており、3男或いは4男という可能性もある

参考文献[編集]