おにゃんこTOWN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
おにゃんこTOWN
ジャンル アクションゲーム
対応機種 ファミリーコンピュータ
開発元 マイクロニクス
発売元 ポニー
人数 1人
メディア 320キロビットロムカセット[1]
発売日 日本 198511211985年11月21日
その他 型式:R49V5901 (PNF-OT)
テンプレートを表示

おにゃんこTOWN』(-タウン)はポニー(現・ポニーキャニオン)から発売されたファミリーコンピュータゲームソフト

ゲーム内容[編集]

システム[編集]

内容はトップビュー方式のアクションゲームである。ゲームの目的は母猫を操作して子猫を探し出しへ連れ帰ることである[2]にはいじわるドッグ()や車、包丁を持ったさかな屋のオッサンが徘徊しており母猫へ襲い掛かってくる。

操作は十字キーによる移動。一度キーを押すとその方向に走り続け、障害物があると止まる。障害物の無いところで立ち止まる事は出来ない(逆方向のキーを交互に入力し続けてその場所にとどまる事は可能)。その他、Aボタンによるジャンプ、Bボタンによるマンホールの開閉がある。このマンホールには敵を落とすことが可能で、魚を取っていない場合それが唯一の攻撃方法となる。前方にあるマンホールならば、どんなに離れていても自由に開閉できる。ただし自キャラとマンホールの間に地形がある場合、座標が合っていても障害物ごしに開閉はできない。

魚を取るといじわるドッグに触れてもミスにならず、一定時間気絶させることが可能になる。但し無敵の敵キャラ「さかな屋のオッサン」が登場して自機を追い掛け回す。オッサンの出現は同時に一人までで、オッサンの出現中に別の魚屋の魚をとっても2人以上のオッサンは出てこない。

また、子猫を連れていると移動速度が遅くなり、ジャンプも不可能になるため、行きよりも帰りの方が難しくなる。

面構成は8面まであり、9面以降は1面と同様のループになる。

開始時に1プレイヤーまたは2プレイヤーを選べるが、当時の他のゲームと同様、1プレイヤーがミスすると2プレイヤーを交互にプレイする形式であり、同時プレイは出来ない。

設置物[編集]

マンホール
  • いじわるドッグを落とすことができる。まとめて落とすと高得点。自機が落ちるとミスになる。マイケル(確保する前)はマンホールの上を通過する。
三角コーン
  • 障害物。

ボーナスキャラ・アイテム[編集]

  • 取ると一定時間いじわるドッグを気絶させられるようになるが、さかな屋のオッサンが追いかけてくる。

以下のアイテムは順番に現れる。取るか一定時間が経つと次のアイテムに切り替わる。現れる場所は決まっている。

ハイヒール
  • 取ると1,000点。
ドレス
  • 取ると1,250点。
指輪
  • 取ると1,500点
  • 取ると1,750点。名前が自動車と紛らわしいがグラフィックは異なる。
ドル袋
  • 取ると2,000点。

得点の加算は以下の通り。

  • マンホールにいじわるドッグを落とすと…10点
  • フタをしていじわるドッグをやっつけると…1匹の時:100点、2匹:400点、3匹:800点、4匹:1,600点、5匹:3,200点
  • 魚を取ってパワーアップした時にドッグを気絶させると…50点
  • マイケルを家に連れ戻すと…ラウンド数x1,000点
  • ゲームスタート時のミルキー残機数は3。10,000点で1つ増え、以後20,000点ごとに1つ増える。

登場キャラクター[編集]

主要キャラクター[編集]

ミルキー
  • 母猫、プレイヤーキャラ。得意技はジャンプとマンホールの開閉。
マイケル
  • 子猫、町のどこかにいる。何故か敵が当たっても平気。街の探検が大好き。

敵キャラクター[編集]

いじわるドッグ
  • つなぎを着た犬。水色のつなぎを着たタイプはプレイヤーを追いかける。頭が悪いのかマンホールが途中にあってもそのまま落ちる。紫のつなぎを着た犬は若干頭が良いのか、マンホールを回避するが、自キャラがマンホールのすぐそばにいた場合などは追尾を優先する為か落ちやすい。1匹以上の犬がマンホールに落ちると効果音が流れる。その間に落ちたマンホールを閉めれば犬を倒し、得点になる。一つのマンホールにまとめて複数の犬を落とすと高得点になる。一定時間以上蓋を開けたままにすると這い出してくる。
自動車
  • 車道を走っており、当たると即死[2]。ジャンプで回避が可能。自機以外は当たっても平気。
さかな屋のオッサン
  • 魚を盗ると出現[2]、包丁を片手に自機を追い掛け回す。マンホールが開いていると一旦止まって閉める。一定時間が経過するとBGMが変化して色違いのオッサンが出てくる(いわゆる永久パターン防止キャラ)。通常のオッサンよりも足が早く、マンホールは閉めずに上を通過する。同時にいじわるドッグの動きも速くなる。
  • ある1カ所(初期ステージでは上の隅の方)のマンホールを開けると中に潜んでいる。ウヨウヨという音(D, Cisのトリル)と共に這い回る。別のマンホールに閉じ込める事も出来るが倒した事にはならず、そのマンホールを開けるとまた出てくる。説明書には書かれていない隠しキャラ。

備考[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「5月10日号特別付録 ファミコンロムカセット オールカタログ」、『ファミリーコンピュータMagazine』第7巻第9号、徳間書店1991年5月10日、 64頁。
  2. ^ a b c M.B.MOOK『懐かしファミコンパーフェクトガイド』17ページ

外部リンク[編集]