おにたま

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
たけだ やすし
武田 寧
生誕 1966年[1]
国籍 日本の旗 日本
別名 おにたま
職業 プログラマ
団体 ONION software
著名な実績 Hot Soup Processor開発(1995年
肩書き ツェナワークス 技術開発責任者

おにたまは、日本の男性プログラマー[注 1]Hot Soup Processor(HSP)の開発者である。本名「武田 寧[1]

本項では、おにたまが所属し活動しているONION softwareについても解説する。

人物[編集]

グループ「ONION software」の代表、有限会社ツェナワークス技術開発責任者[3]1995年から開発しているプログラム言語HSPを通じて、プログラミングの教育活動にも取り組んでいる[4][5][6][7]

初めてパソコンに触れたのは小学生の時で、中学生の時、PC-6001で同人ゲーム制作を始めた。中学生時代には既に開発したゲームがゲームショップに買い取られ、店からPC8001を貸与されるなどし、さらに開発にのめり込む[1][8]

デジタル化される以前の古くからのアーケードゲームの発展に造詣が深く、度々国内外の展覧会、博物館などを訪れては映像化し[9]、講演会などを行っている。また、ピンボール(実機)などの収集家でもある。

ONION software[編集]

ONION software(オニオン・ソフトウェア)とは、おにたまが活動するグループ。ONION soft(オニオン・ソフト)と表記されることもある[10][11]

メンバーは代表者・おにたまのみで構成されており、形態は同人サークル(個人サークル)に近く、企業および法人ではない。おにたま自身は「フリーな立場でソフト製作などの活動を行なっているグループ」「色々な人と共同でソフトウェアを作成する場合に使用する屋号と考えてもいい」と説明している[2]

ONION softwareという名称で活動を始めた正確な時期は不明とされているが、作品「Balance Chair Demo」が製作された1980年には既に使用(活動)していた[12]

主な作品[編集]

  • 「Balance Chair Demo」(NEC PC-8001)SEAGULL INC./MATSUYA GINZA (1980年)
  • 「SLENDER ISLAND」「Prohibition Island」(NEC PC-6001)PAX SOFTNICA (1983年)
  • 「ONION HOUSE」(NEC PC-6001 & PC-8801)MIA (1984年)
  • 「まじゃべんちゃー(ねぎ麻雀)」(NEC PC-8801)Technopolis soft/グラフィック担当:江南 直緒
  • 「りみちゃんの危険な夜」(NEC PC-8801)イラスト担当:Y人 (1986年)
  • 「ザ・スキーム」(NEC PC-8801)S.Hayashi/BOTHTEC/サウンド:古代祐三 (1988年)
  • 「おんなのこけーさつたい」(NEC PC-8801mkIISR)イラスト担当:Y人/徳間書店インターメディア (1988年)
  • 「香港」(GAMEBOY)イラスト担当:Y人/徳間書店インターメディア Licensed by Nintendo (1990年)

1986年〜1990年にかけて、「100円ディスクシリーズ」をコミックマーケットにてPC-8800シリーズ用の同人ソフトとしてグループ製作。

著作・連載[編集]

他HSP関連の著作、寄稿多。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 当初は「おにおん」であったが、変化して現在の「おにたま」になった。[2] 2014年7月確認

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]