おじいちゃんの里帰り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おじいちゃんの里帰り
Almanya – Willkommen in Deutschland
監督 ヤセミン・サムデレリ
脚本 ヤセミン・サムデレリ
ネスリン・サムデレリ
製作 アニー・ブルナー
アンドレアス・リヒター
Ursula Woerner
音楽 ゲルト・バウマン
撮影 ニョ・テ・チャウ
編集 アンドレア・マーテンズ
配給 日本の旗 パンドラ
公開 ドイツの旗 2011年3月10日
日本の旗 2013年11月30日
上映時間 101分
製作国 ドイツの旗 ドイツ
トルコの旗 トルコ
言語 ドイツ語
トルコ語
テンプレートを表示

おじいちゃんの里帰り』(原題: Almanya – Willkommen in Deutschland)は、2011年ドイツトルコ映画

トルコ系ドイツ人2世のヤセミン・サムデレリが実妹のヤセミン・サムデレリとともに共同脚本を手掛け自身の体験を基に描いた作品[1]

あらすじ[編集]

1960年代にトルコからドイツに移り住み、今や大家族のおじいちゃんとなった主人公フセイン。ある日突然、トルコに土地を買ったから故郷へ帰ろうと持ち掛けるが、気乗りしない家族たち。それでもフセインの強い思いに押し切られ、一家はトルコへ行くことに。半世紀ぶりに故郷のトルコへ帰るフセインと、ドイツで生まれ育った家族たちの3世代のそれぞれの想いを抱えた旅が始まる。

キャスト[編集]

出典[編集]

  1. ^ おじいちゃんの里帰り”. シネマトゥデイ. 2018年4月14日閲覧。

外部リンク[編集]