おおぐま座クシー星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おおぐま座ξ星[1]
Xi Ursae Majoris
星座 おおぐま座
視等級 (V) 3.79[1]
変光星型 疑わしい[2]
位置
元期:J2000.0[1]
赤経 (RA, α) 11h 18m 10.932s[1]
赤緯 (Dec, δ) +31° 31′ 45.44″[1]
赤方偏移 -0.000061[1]
視線速度 (Rv) -18.2 km/s[1]
固有運動 (μ) 赤経: -453.7 ミリ秒/年[1]
赤緯: -591.4 ミリ秒/年[1]
年周視差 (π) 113.20 ± 4.60ミリ秒[3][注 1]
(誤差4.1%)
距離 29 ± 1 光年[注 2]
(8.8 ± 0.4 パーセク[注 2]
絶対等級 (MV) 4.1[注 3]
Ursa Major constellation map.png
Cercle rouge 100%.svg
ξ星の位置
物理的性質
年齢 6.0 ×109[4]
別名称
別名称
おおぐま座53番星[1]
BD+32 2132[1]
HD 98230J
HIP 55203[1], SAO 62484[1], NSV 5165[1]
Template (ノート 解説) ■Project
おおぐま座ξ星A[5]
Xi Ursae Majoris A[5]
仮符号・別名 アルラ・アウストラリス[6],
Alula Australis[7][8]
星座 おおぐま座
視等級 (V) 4.264[5]
位置
元期:J2000.0[5]
赤経 (RA, α) 11h 18m 10.902s[5]
赤緯 (Dec, δ) +31° 31′ 44.98″[5]
赤方偏移 -0.000052[5]
視線速度 (Rv) -15.5km/s[5]
固有運動 (μ) 赤経: -453.7 ミリ秒/年[5]
赤緯: -591.4 ミリ秒/年[5]
絶対等級 (MV) 4.5[注 3]
物理的性質
半径 1.04 R [4]
質量 1.0 M[4]
自転速度 1 km/s[9]
スペクトル分類 G0V[9]
光度 1.1 L[4]
表面温度 5,740 K[4]
色指数 (B-V) +0.59[9]
色指数 (U-B) +0.04[9]
色指数 (R-I) +0.34[9]
別名称
別名称
おおぐま座53番星A[5],
BD +32 2132A[5],
GJ 423A, 423C[5],
HD 98231[5]
HR 4375[5]
Template (ノート 解説) ■Project
おおぐま座ξ星B[3]
Xi Ursae Majoris B[3]
星座 おおぐま座
視等級 (V) 4.729[3]
位置
元期:J2000.0[3]
赤経 (RA, α) 11h 18m 10.950s[3]
赤緯 (Dec, δ) +31° 31′ 45.74″[3]
赤方偏移 -0.000053[3]
視線速度 (Rv) -15.9km/s[3]
固有運動 (μ) 赤経: -453.7 ミリ秒/年[3]
赤緯: -591.4 ミリ秒/年[3]
絶対等級 (MV) 5.0[注 3]
物理的性質
半径 0.9 R [4]
質量 0.98 M[4]
自転速度 3 km/s[9]
スペクトル分類 G0V[9]
光度 0.72 L[4]
表面温度 5,720 K[4]
別名称
別名称
おおぐま座53番星B[3],
BD +32 2132B[3],
GJ 423B, 423D[3],
HD 98230[3]
HR 4374[3]
Template (ノート 解説) ■Project

おおぐま座ξ星(おおぐまざクシーせい、ξ UMa / ξ Ursae Majoris)は、おおぐま座恒星4等星連星であることが発見された初めての恒星で、複雑な連星系を成している。

概要[編集]

1780年にウィリアム・ハーシェルによって連星であることが発見され、1827年にフェリックス・サヴァリ英語版 (Félix Savary) によってその軌道が計算された[10]。軌道の計算自体はニュートン力学に基づくもので特に画期的なものではなかったが、太陽系以外の天体にも同じようにニュートン力学が成立することが発見されたという点において画期的であった[11]

共に太陽とよく似たG型主系列星である4等星のA星と5等星のB星が平均距離21.2au(近点距離13.4au、遠点距離29.6au)の軌道を59.878年の周期で周回している[4]。そして、A星、B星それぞれが分光連星である[4]。A星の伴星は1.833年の周期で周回しており、おそらくM型の赤色矮星であろうとされている[4]。B星の伴星はわずか3.98日でB星を周回している。発見された当初は褐色矮星ではないかと予想されたが、現在ではM型の赤色矮星であると考えられている[4]。また、B星のペアの周囲を周る別の伴星の存在も示唆されている。

さらに、約1離れた位置にある15等級の赤色矮星や約10分ほど離れた位置にある19等級の褐色矮星もこの星系の一部ではないかと考えられており、全体では5〜7個の恒星や準恒星による複雑な連星系が構成されていると見られる[12]

この星系の年齢は60億年と推定されており、太陽系より15億年ほど年長である[4]。また金属量は太陽の半分程度である[4]

名称[編集]

固有名のアルラ・アウストラリス[6] (Alula Australis[7][8]) は、アラビア語で「1番目の足あと」を意味する al-qafza al-ūlā という言葉に由来する[7]。これは元々ξ星とν星のペアに付けられていた名前で、ι星とκ星のペア、λ星μ星のペアと共に、「ガゼルの足あと」という意味の qafazāt al-ẓibā というアラビアのアステリズムの一部であった[7]。ν星にはラテン語で「北」を意味する Borealis が、ξ星には「南」を意味する Australis が付けられている。2016年7月20日、国際天文学連合の恒星の固有名に関するワーキンググループは、Alula Australis をおおぐま座ξ星Aの固有名として正式に承認した[8]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 年周視差はよりデータが新しいB星のものを使用
  2. ^ a b パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算、光年は1÷年周視差(秒)×3.2615638より計算
  3. ^ a b c 視等級 + 5 + 5×log(年周視差(秒))より計算。小数第1位まで表記

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n SIMBAD Astronomical Database”. Results for ksi UMa. 2016年11月26日閲覧。
  2. ^ NSV”. Results for NSV 5165. 2016年11月26日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p SIMBAD Astronomical Database”. Results for ksi UMa B. 2016年11月26日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o Jim Kaler. “Alula Australis”. STARS. 2016年11月26日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o SIMBAD Astronomical Database”. Results for ksi UMa A. 2016年11月26日閲覧。
  6. ^ a b 原恵 『星座の神話 - 星座史と星名の意味』 恒星社厚生閣、2007年2月28日、新装改訂版第4刷、104頁。ISBN 978-4-7699-0825-8
  7. ^ a b c d Paul Kunitzsch; Tim Smart (2006). A Dictionary of Modern star Names: A Short Guide to 254 Star Names and Their Derivations. Sky Pub. Corp.. p. 57. ISBN 978-1-931559-44-7. 
  8. ^ a b c IAU Catalog of Star Names”. 国際天文学連合. 2016年11月26日閲覧。
  9. ^ a b c d e f g 輝星星表第5版
  10. ^ E. Soulié (1997). Kam-Ching Leung,. ed. “French astronomers, visual double stars and the double stars working group of the Société Astronomique de France”. ASP Conference Series 130. Bibcode1997ASPC..130..291S. 
  11. ^ J J O'Connor (2016年11月16日). “Savary biography”. School of Mathematics and Statistics University of St Andrews, Scotland. 2016年11月27日閲覧。
  12. ^ The Washington Visual Double Star Catalog (Mason+ 2001-2014)”. VizieR. Centre de Données astronomiques de Strasbourg. 2016年11月26日閲覧。