おおいぬ座デルタ星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おおいぬ座δ星[1]
Delta Canis Majoris
仮符号・別名 ウェズン[2], Wezen[3][4]
星座 おおいぬ座
視等級 (V) 1.84[1]
分類 F型超巨星
位置
元期:J2000.0[1]
赤経 (RA, α) 07h 08m 23.4805188773s[1]
赤緯 (Dec, δ) -26° 23′ 35.460726261″[1]
赤方偏移 0.000112[1]
視線速度 (Rv) 33.67 km/s[1]
固有運動 (μ) 赤経: -3.12 ミリ秒/年[1]
赤緯: 3.31 ミリ秒/年[1]
年周視差 (π) 2.03 ± 0.38ミリ秒[1]
(誤差18.7%)
距離 約 1600 光年[注 1]
(約 490 パーセク[注 1]
絶対等級 (MV) -6.6[注 2]
Canis Major IAU.svg
Cercle rouge 100%.svg
δ星の位置
物理的性質
半径 215 ± 66 R[5]
質量 14.9 ± 1.6 M[6]
表面重力 1.00 ± 0.14 (log g)[6]
自転速度 ~28km/s
スペクトル分類 F8Ia[1]
光度 50,000 L
表面温度 5,818 ± 53 K[5]
色指数 (B-V) +0.68[7]
色指数 (U-B) +0.54[7]
色指数 (R-I) +0.33[7]
年齢 1,200 万年[6]
別名称
別名称
おおいぬ座25番星[1]
CD -26 3916[1]
FK5 273[1]
Gaia DR2 5611037089021849472[1]
GC 9443[1]
GSC 06532-05001[1]
HD 54605[1]
HIP 34444[1]
HR 2693[1]
SAO 173047[1]
TYC 6532-5001-1[1]
2MASS J07082348-2623354[1]
Template (ノート 解説) ■Project

おおいぬ座δ星は、おおいぬ座恒星で2等星。

特徴[編集]

太陽質量の17倍の質量と、地球の公転軌道を超える太陽の205倍もの半径を持つ黄色超巨星である[8]。1000万歳ほどの若い星だが、中心核では既に水素核融合は終わっており、10万年以内にヘリウムの核融合が始まり、アンタレスのような様相となると考えられている[8]

ブラジルの国旗に描かれており、ロライマ州を象徴する星とされている[9]

名称[編集]

学名はδ Canis Majoris(略称δ CMa)。固有名ウェズン[2] (Wezen[3][4]) はアラビア語で「重さ」を意味する وزن al-wazn に由来している[3]。地平線から高く上がれない様子から名付けられたと考えられている[2][10]。はと座β星も同じ言葉に由来したワズン (Wazn) という固有名を持つ[3][4]。元々は、ケンタウルス座α星β星、またははと座α星β星のペアを表す言葉だったが、本来どちらのペアを指す言葉だったのか、そして何を意味していたのかは定かではない[3]。2016年7月20日に国際天文学連合の恒星の命名に関するワーキンググループ (Working Group on Star Names, WGSN) は、Wezen をδ星の固有名として正式に承認した[4]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算、光年は1÷年周視差(秒)×3.2615638より計算
  2. ^ 視等級 + 5 + 5×log(年周視差(秒))より計算。小数第1位まで表記

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w Result for del CMa”. SIMBAD Astronomical Database. CDS. 2018年7月17日閲覧。
  2. ^ a b c 原恵 『星座の神話 - 星座史と星名の意味』 (新装改訂版) 恒星社厚生閣、1996年、239頁。ISBN 978-4-7699-0825-8 
  3. ^ a b c d e Paul Kunitzsch; Smart, Tim (2006). A Dictionary of Modern star Names: A Short Guide to 254 Star Names and Their Derivations (2 ed.). Sky Publishing. p. 23. ISBN 978-1-931559-44-7. 
  4. ^ a b c d IAU Catalog of Star Names”. 国際天文学連合. 2016年10月21日閲覧。
  5. ^ a b Davis, J.; Booth, A. J.; Ireland, M. J.; Jacob, A. P.; North, J. R.; Owens, S. M.; Robertson, J. G.; Tango, W. J. et al. (2007年). “The Emergent Flux and Effective Temperature of δ Canis Majoris”. Publications of the Astronomical Society of Australia 24 (3): 151–158. arXiv:0709.3873. Bibcode 2007PASA...24..151D. doi:10.1071/AS07017. 
  6. ^ a b c Lyubimkov, Leonid S.; Lambert, David L.; Rostopchin, Sergey I.; Rachkovskaya, Tamara M.; Poklad, Dmitry B. (2010年). “Accurate fundamental parameters for A-, F- and G-type Supergiants in the solar neighbourhood”. Monthly Notices of the Royal Astronomical Society 402 (2): 1369–1379. arXiv:0911.1335. Bibcode 2010MNRAS.402.1369L. doi:10.1111/j.1365-2966.2009.15979.x. 
  7. ^ a b c 輝星星表第5版
  8. ^ a b Kaler,James B.. “Wezen”. Stars website. University of Illinois. 2014年7月13日閲覧。
  9. ^ Astronomy of the Brazilian Flag”. FOTW Flags Of The World website. 2014年7月13日閲覧。
  10. ^ リチャード・ヒンクリー・アレン (1963年). “Star Names: Their Lore and Meaning”. 2014年7月13日閲覧。

関連項目[編集]