おうし座ガンマ星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おうし座γ星[1]
Gamma Tauri
仮符号・別名 プリマヒヤドゥム[2]
Prima Hyadum[1][3]
星座 おうし座
視等級 (V) 3.65[1]
3.60 - 3.67(変光)[4]
変光星型 疑わしい[4]
位置
元期:J2000.0[1]
赤経 (RA, α)  04h 19m 47.6038491s[1]
赤緯 (Dec, δ) +15° 37′ 39.515422″[1]
赤方偏移 0.000129[1]
視線速度 (Rv) 38.58 km/s[1]
固有運動 (μ) 赤経: 115.46 ミリ秒/年[1]
赤緯: -23.42 ミリ秒/年[1]
年周視差 (π) 20.19 ± 0.32ミリ秒[1]
(誤差1.6%)
距離 162 ± 3 光年[注 1]
(49.5 ± 0.8 パーセク[注 1]
絶対等級 (MV) 0.2[注 2]
Taurus constellation map.svg
Cercle rouge 100%.svg
γ星の位置
物理的性質
半径 13.4 ± 0.2 R[5]
質量 2.8 M[6]
表面重力 2.57 (log g)[6]
自転速度 4 km/s[7]
自転周期 253 [8]
スペクトル分類 G9.5IIIabCN0.5[1]
光度 85.1 L[6]
表面温度 4,844 ± 47 K[5]
色指数 (B-V) 0.99[9]
色指数 (U-B) 0.82[9]
色指数 (R-I) 0.47[9]
金属量[Fe/H] +0.10[6]
年齢 約4億2660万年[6][注 3]
別名称
別名称
おうし座54番星[1]
Hyadum I[10]
畢宿四
BD +15 612[1]
FK5 159[1]
Gaia DR2 3312052249216467328[1]
HD 27371[1]
HIP 20205[1]
HR 1346[1]
SAO 93868[1]
2MASS J04194757+1537395[1]
Template (ノート 解説) ■Project

おうし座γ星(おうしざガンマせい、γ Tau, γ Tauri)は、おうし座にある4等星の恒星ヒアデス星団に属している。

1978年に起きたによる掩蔽の観測で伴星とおぼしき天体が記録されており[2]二重星とされているが[1]、この伴星について特にわかっていることはなく、伴星の存在を否定する観測もある[2]。主星AはG9.5~K0型のスペクトル分類を持つ巨星である。2019年11月14日に、小惑星アルタエアによる掩蔽千葉県房総半島南部や和歌山県潮岬で観測された[2]

名称[編集]

学名は、γ Tauri(略称γ Tau)。固有名のプリマヒヤドゥム[2]Prima Hyadum)は、ラテン語で「ヒアデスの1番目」という意味で、アラビア語での名称 Awwal al Dabarān(後に続くものの1番目)に由来する[11]。2017年9月5日、国際天文学連合の恒星の命名に関するワーキンググループ (Working Group on Star Names, WGSN) は、おうし座γ星Aの固有名として、Prima Hyadum を正式に定めた[3]

Hyadum I(Iはローマ数字の1)とも呼ばれる[10]

なお、これらの名の「1番目」とは最輝星ではなく(明るい順だとθ2ε星、γ星)、日周運動の先頭(赤経が最小)ということである。厳密に言えば暗い星は除外する必要があるが、バイエル天体の中では赤経が最小である。さらに、2番目に赤経が小さいδ1は Secunda Hyadum あるいは Hyadum II と呼ばれる。

中国の星官では畢宿の第4星で、畢宿四と呼ばれる。

ヒアデス星団の明るい星の位置関係
(全てのバイエル天体が書かれてはいない)


脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ a b パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算、光年は1÷年周視差(秒)×3.2615638より計算
  2. ^ 視等級 + 5 + 5×log(年周視差(秒))より計算。小数第1位まで表記
  3. ^ 出典での表記は常用対数

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v Results for gam Tau”. SIMBAD. CDS. 2019年11月22日閲覧。
  2. ^ a b c d e 観測成功!小惑星アルタエアによる恒星食”. AstroArts (2019年11月21日). 2019年11月22日閲覧。
  3. ^ a b IAU Catalog of Star Names”. 国際天文学連合 (2017年11月19日). 2018年2月17日閲覧。
  4. ^ a b Results for NSV 1553”. GCVS. 2018年2月17日閲覧。
  5. ^ a b Boyajian, Tabetha S. et al. (2009). “Angular Diameters of the Hyades Giants Measured with the CHARA Array”. The Astrophysical Journal 691 (2): 1243-1247. arXiv:0810.2238. Bibcode2009ApJ...691.1243B. doi:10.1088/0004-637X/691/2/1243. ISSN 0004-637X. 
  6. ^ a b c d e Takeda, Yoichi; Sato, Bun’ei; Murata, Daisuke (2008). “Stellar Parameters and Elemental Abundances of Late-G Giants”. Publications of the Astronomical Society of Japan 60 (4): 781-802. arXiv:0805.2434. Bibcode2008PASJ...60..781T. doi:10.1093/pasj/60.4.781. ISSN 0004-6264. 
  7. ^ Bernacca, P. L.; Perinotto, M. (1970). “A catalogue of stellar rotational velocities”. Contributi Osservatorio Astronomico di Padova in Asiago 239 (1). Bibcode1970CoAsi.239....1B. 
  8. ^ Setiawan, J.; Pasquini, L.; da Silva, L.; Hatzes, A. P.; von der Lühe, O.; Girardi, L.; de Medeiros, J. R.; Guenther, E. (2004). “Precise radial velocity measurements of G and K giants. Multiple systems and variability trend along the Red Giant Branch”. Astronomy and Astrophysics 421: 241–254. Bibcode2004A&A...421..241S. doi:10.1051/0004-6361:20041042-1. 
  9. ^ a b c Hoffleit, D.; Warren, W. H., Jr. (1995-11). “Bright Star Catalogue, 5th Revised Ed.”. VizieR On-line Data Catalog: V/50. Bibcode1995yCat.5050....0H. http://vizier.u-strasbg.fr/viz-bin/VizieR-5?-ref=VIZ5a76628e9487&-out.add=.&-source=V/50/catalog&recno=1346. 
  10. ^ a b Allen, R. H. (1963). Star Names: Their Lore and Meaning (Reprint ed.). New York, NY: Dover Publications Inc.. p. 390. ISBN 0-486-21079-0 
  11. ^ Richard H. Allen (2013-2-28). Star Names: Their Lore and Meaning. Courier Corporation. p. 390. ISBN 978-0-486-13766-7. https://books.google.com/books?id=vWDsybJzz7IC 

外部リンク[編集]