えびめし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索


えびめしとは、ご飯海老などの具を入れて油炒めしソース味に仕上げた料理で、焼き飯ピラフの一種である。岡山県近辺で食されており、特に岡山市(中心市街地)の郷土料理として有名である。なお他府県にある同名のちらし寿司の一種とは異なるものである。

歴史[編集]

一説によるとルーツは東京渋谷カレー店「いんでいら」[1]のメニューを岡山県出身の店員出井達海(現・株式会社いんでいら社長)が暖簾分けの形で許可を得て[要出典]故郷に持ち帰りアレンジを加え、岡山市奉還町にて開店した自身の店で提供したところ岡山市中心市街地を中心に人気となり[2]岡山市中心市街地では喫茶店等で提供する店が出始めた。後に岡山県内でローカルチェーン店化し岡山県全域にてヒットし、多くの岡山県民が知る人気料理となった。なお現在岡山県内では、岡山市中心部のほかに局地的にえびめしを食する地域が点在するが、存在を認知しない地域もある。[3]

特長[編集]

基本的にはピラフの一種で、具に海老を用いたものを、ドミグラスソースケチャップカラメルソースなどをベースにしたえびめしソースを絡めて黒褐色に仕立てたものである。付け合せとして錦糸卵を上にのせてキャベツ千切り(酢漬けやコールスローの場合も多い)を添えるのが一般的である。

ハンバーグシーフードフライを添えたり、オムライスに仕立てたり、店によってさまざまなバリエーションが存在する。

えびめしソースは店それぞれの秘伝であり、さまざまな隠し味を加えているということだが、近年は家庭で手軽に作れるソースや冷凍食品なども製品化されている。

提供店[編集]

株式会社いんでいらがチェーン展開するえびめし専門店『えびめしや』の他、岡山市中心部では喫茶店洋食店、大衆食堂でも味わうことができる。また。珍しいところではラーメン店や和食店、鉄板焼き店の他、県内の一部のスーパーにて惣菜として販売されている例もある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ その後、渋谷宮下から大田区千鳥町に移転したが2016年に閉店し消滅した。なお渋谷道玄坂に存続しているいんでいらは暖簾分け店
  2. ^ FM岡山『ドリームトーク』2008年11月28日放送分より
  3. ^ 岡山への移入について解説する「渋谷とっておき」の記事