う (楽器)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

(う)は、中国古代に使われた管楽器のひとつ。八音の「匏」に属し、に似るが笙より大きく、音が低い。戦国時代からまで使われたが、その後は使われなくなった。

日本にも奈良時代に伝来したが、平安時代には使われなくなった。

歴史[編集]

「竽」の名は戦国時代の文献にしばしばあらわれている[1][2][3]。『韓非子』には宣王がいつも300人に竽を演奏させたという[4]

説文解字』や『周礼』注によると、竽は笙に似ているが、36管であったという[5][6]。しかし、後漢には23管になっていた[7]馬王堆漢墓から出土した明器の竽は高さ78センチメートルで、竹の管が22本あり、11本ずつ2列に並んでいた。匏の部分は木製だった[8]。漢代の陶俑や画像石にも竽の絵が描かれているものが多い。

には、竽笙・巣笙・和笙の3種類の笙があり、すべて19管だったが、竽笙は音が低く、和笙は音が高かった[9]。楊蔭瀏の解釈によると、当時の竽笙の音域は嬰い二点トであった[10]。その後、竽は使われなくなった。

日本への伝播[編集]

竽は奈良時代に日本に伝来したが、平安時代にすでに滅んだという。

正倉院に呉竹笙・呉竹竽(くれたけのう)を蔵する。ともに17管で、笙は全長49cm、竽は全長97cmであった[11][12]。復元された楽器が近年演奏されている。

脚注[編集]

  1. ^ 墨子』非楽上「是故子墨子之所以非楽者、非以大鐘・鳴鼓・琴瑟・竽笙之声以為不楽也」
  2. ^ 荀子』礼論「鐘鼓管磬、琴瑟竽笙、所以養耳也。」
  3. ^ 楚辞』九歌・東皇太一「陳竽瑟兮浩倡」
  4. ^ 韓非子』内儲説上「斉宣王使人吹竽、必三百人。」
  5. ^ 『説文解字』竹部・竽「管三十六簧也。从竹亏声。」
  6. ^ 『周礼』春官・笙師注「鄭司農云、竽三十六簧。笙十三簧。」
  7. ^ 風俗通義』声音・竽「謹按、『礼記』:管三十六簧也、長四尺二寸。今二十三管。」
  8. ^ 『中国音楽詞典』 人民音楽出版社、1985年、471頁。
  9. ^ 陳暘 『楽書』巻123。
  10. ^ 楊蔭瀏 『中国古代音楽史稿』上冊、人民音楽出版社、1980年、369-371頁。
  11. ^ 帝室博物館 『正倉院御物図録 二』、1929年、10頁。
  12. ^ 『呉竹う(くれたけのう)』 正倉院http://shosoin.kunaicho.go.jp/ja-JP/Treasure?id=0000010079 

外部リンク[編集]