うらみちお兄さん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
うらみちお兄さん
ジャンル ギャグ
ブラック・コメディ
漫画
作者 久世岳
出版社 一迅社
掲載サイト comic POOL
発表期間 2017年5月12日 -
巻数 既刊5巻(2020年5月28日現在)
アニメ
原作 久世岳
監督 長山延好
シリーズ構成 待田堂子
キャラクターデザイン 髙橋瑞紀
音楽 羽岡佳
アニメーション制作 スタジオブラン
放送局
放送期間 2021年 -
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

うらみちお兄さん』(うらみちおにいさん)は、久世岳による日本Web漫画作品。Pixivコミック内のWEBコミック配信サイト『comic POOL』にて2017年より連載中。架空の子供向け教育番組「ママンとトゥギャザー」に出演する、31歳の体操のお兄さん・表田裏道および番組に関わる人物の日常を描くギャグ漫画[1]

2017年2月9日に作者の久世のTwitterにて『うらみちお兄さん』の漫画が投稿された。同時期にcomic POOLの担当と新連載についての話が進んでおり、その中で本作の連載が決定。同年5月より連載が開始された[2]

第3回「次にくるマンガ大賞」の『Webマンガ部門』第1位、2017年度の「WEBマンガ総選挙」の『インディーズ部門』第1位受賞[3]

コミックスの累計発行部数は、2019年10月25日時点で100万部を突破している[4]

登場人物[編集]

声は単行本発売記念PV・テレビアニメの声優。

表田裏道(おもた うらみち)
声 - 神谷浩史[5]
「ママンとトゥギャザー」に出演する「体操のお兄さん」で、通称・うらみちお兄さん。31歳、身長175cm、AB型、独身。元体操選手、喫煙者で酒好き、寒さにも強い。好きな食べ物はへしこ、趣味は筋トレ
外見は爽やかな筋肉質のイケメンで、出演の子供たちにも親切に接するが、社会にメンタルをやられた様子で裏表が激しく精神不安定の面があり、暴言を吐いたりネガティブな発言をしたり子供の前で大人の世界の闇を暴いたりする根暗い性格の持ち主である。描いた絵は子供に気持ち悪いと言われることが多い。
体大時代は全国大会の個人種目1位を得たエースだったが、選手になった後に怪我により引退を余儀なくされた。
幼少期は練習をサボるたびに厳格な父親にマットに投げられて育っており、裏道の妹は16歳の時に父親から逃げるように出て行った[6]
蛇賀池照(だが いけてる)
声 - 宮野真守[5]
「ママンとトゥギャザー」に出演する「歌のお兄さん」で、通称・いけてるお兄さん。27歳、身長184cm、O型。タバコを吸えない体質で、酒にも弱い。音大卒で元ミュージカル俳優。ルックスの良い長身イケメンで美声の持ち主だが、天然で周囲の空気を読めない性格である。他の出演者の控え室に入る時はいつもノックをしない。
役者モードに入ると真面目になるが、普段はなぜかいつもおにぎりのことを考えており、ハサミもうまく使えず、アナログ時計すら読めない。レベルの低い下ネタが好きで、「チンダル現象」「チンアナゴ」「チンニング」「トンチンカン」など「チン」がついた言葉を聞くと制御不能に笑ってしまう。絵を描くことは上手だが、裏道の描いた絵の方が好きという。
家では「小百合」という大型犬を飼っているが、こちらも池照と同様におにぎりのことをよく考えており、「チン」のついた言葉を聞くたびに笑うように鳴き声を発する。
多田野詩乃(ただの うたの)
声 - 水樹奈々[5]
「ママンとトゥギャザー」に出演する「歌のお姉さん」で、通称・うたのお姉さん。32歳、身長162cm、A型。いま禁煙中で、酒が好き。有名音大の卒業生だが、前は売れないアイドル歌手ものまね演歌歌手ナイトクラブのジャズ歌手などと職を転々した。演歌歌手時代の芸名は追出やす子(おいで やすこ)。
売れない漫才コンビ「門真アミーゴ」でボケ担当のお笑い芸人の彼氏・須胡井宙太(すごい ちゅうた)と同棲6年目で、結婚願望が強い。裏道と池照の本性をよく知っている。
兎原跳吉(うさはら とびきち)
声 - 杉田智和[5]
「ウサオ君」の着ぐるみを着る人物。また、小鳥さんのパペットを操り、同番組内の「人生相談」コーナーに裏道の友達として出演することもある。京都府出身の28歳、身長182cm、O型、独身。タバコが嫌いで、酒が好きだが下戸。裏道の体大の後輩で、裏道によく八つ当たりされる。大学時代は陸上部所属で走高跳をやった。外向的でいい人だが、女子局員の間では評判が芳しくない。パチンコや麻雀が好きで、お金に余裕がない様子である。
単行本第1巻収録の書き下ろしエピソードまで顔が伏せられていた[注釈 1]
熊谷みつ夫(くまたに みつお)
声 - 中村悠一[5]
「クマオ君」の着ぐるみを着る人物。福井県出身の28歳、身長176cm、A型。タバコはやめた。酒に強い。趣味は釣り。裏道の体大の後輩で、大学時代は兎原の寮の同居人でもあり、弓道部所属。人との付き合いが苦手で普段は無表情だが、猫が好きなようで猫の前では笑顔を見せる。18歳の時に出会った池照のことに詳しく、彼と親しい様子である。裏道のことは最初苦手だったが、現在は映画のDVDを貸す程の仲である。過去の職場でパワハラした上司を殴って解職された経験がある[7]
兎原同様、単行本第1巻収録の書き下ろしエピソードまで顔が伏せられていた[注釈 1]
出木田適人(でれきだ てきと)
「ママンとトゥギャザー」のディレクター。45歳。過酷な環境でも出演者に室外ロケをやらせる一面もあるが、普段は適当な人間である。
カッペリーニ降漬(カッペリーニ ふりつけ)
「ママンとトゥギャザー」の振付師。年齢不詳。化粧ばっちりのオネエで、兎原に興味がある。
風呂出油佐男(ふろで ゆさお)
「ママンとトゥギャザー」のプロデューサー。48歳。色黒で顔がテカっている。池照に積極的にアプローチをする。
枝泥エディ(えでい エディ)
「ママンとトゥギャザー」のアシスタントディレクター。26歳。
縁ノ下カヨ(えんのした カヨ)
「ママンとトゥギャザー」のアシスタントディレクター。20歳。
辺雨育子(へあめ いくこ)
「ママンとトゥギャザー」のヘアメイク。32歳。
アモン
「ママンとトゥギャザー」の演出家。身長173cm、42歳、A型。本名は田中トメ三郎。目元は前髪で隠れている。番組の企画案が思いつかない際は出演者に助けを求めたりしている[注釈 2]。彼の手掛ける番組のコーナーでは、裏道のキャラクターの衣装のみ肌の露出高めの奇抜なものとなっている。
木角半兵衛(きかく はんべえ)
声 - 木村良平[8]
同放送局の販売企画部の社員。24歳。髪の毛が長く、ピアスを多く開けている。常に笑顔を絶やさないが精神は裏道以上に不安定で、癇癪を起こすと怒鳴ったり衝動的になったりする。裏道は彼のことを怖いと思う同時に、分かり合える人かもしれないと心の扉を開こうとするも、直後の木角の怒鳴るなどの言動により心の扉を閉ざしている。
上武裁人(うえぶ さいと)
声 - 鈴村健一[8]
同放送局のデジタル企画部の社員。24歳。メガネをかけている地味な男性。メガネを外すとイケメンだが、オタクで2次元にしか興味が無い。木角とは同期。黒髪ストレートが好みらしい。
蛇賀眩衣(だが まぶい)
池照と同居している姉。美人の音楽家バイオリン講師。32歳。池照と同様におにぎりのことをよく考えている。姉弟揃って絶対音感を持っているようで、その事で池照と喧嘩になる事もしばしば。
猫田又彦(ねこた またひこ)
声 - 小野大輔[8]
バー「CAT KICK」の店長。高知県出身[9]の28歳、身長181cm、O型。裏道の体大の後輩。大学時代は兎原と熊谷の寮の同居人であったが、彼女と同棲するために寮を出た。ちなみにその後、裏道が入れ替わる形で同じ寮に入った。バツ2であり、2人分の養育費を支払っている。
買い出しに立ち寄ったスーパーで偶然裏道に会い、半ば無理矢理バーに連れて行く。初対面でいきなり合コンに誘ってくる彼に裏道は苦手意識を持っていたが、彼の出身地である高知での遊び「べく杯」をしているうちに打ち解け、時々飲みに行く程仲良くなった。
熊谷はち太(くまたに はちた)
みつ夫の弟。身長173cm、23歳、O型。福井県から上京したばかり。みつ夫とは対照的に臆病な性格。初対面にもかかわらず、裏道の心がやられたことを見抜いた。料理(特に魚を捌く事)が苦手で、修行先の和食料理店を1度クビにされるが、みつ夫の指導のお陰で克服出来た為再度修行している。
獅子戸たま子(ししど たまこ)
猫田の1人目の妻の子供。子供とは思えない大人びた発言をする。猫田の事は2人目の妻との浮気が原因で離婚した為、ゴミクズ同然と思っている。
虎井又太郎(とらい またたろう)
猫田の2人目の妻の子供。たま子とは対照的に子供らしい言動をする。

登場キャラクター[編集]

ウサオ君(ウサオくん)
「ママンとトゥギャザー」に出演するウサギの男の子。好きなものは良い子とニンジン。話す時に語尾に「ピョン」と付く。
クマオ君(クマオくん)
「ママンとトゥギャザー」に出演するクマの男の子。好きなものは良い子とはちみつ。話す時に語尾に「クマ」と付く。
小鳥さん(ことりさん)
裏道の夢の中に出てくる謎の生物、鳥の嘴以外に人間の口もある。初出は本作と同じく久世の作品である『トリマニア』で、本作で立体化された[10]
ジョキンダー
池照が番組内で扮するキャラクターの1つ。子供たちに手洗いの大切さを教える正義の戦士[10]。武器は除菌シャボン
バイキンダー
裏道が番組内で扮するキャラクターの1つ。ジョキンダーの敵。
かみてるくん
池照が番組内で扮するキャラクターの1つ。カミキリムシに由来するキャラクターで、図工のコーナーでハサミを担当する。
うらみのくん
裏道が番組内で扮するキャラクターの1つ。ミノムシに由来するキャラクターで、図工のコーナーで短冊を担当する。
もみじ
詩乃が番組内のコーナー「しのびのやくみ」で扮するキャラクターの1つ。名前はもみじおろしに由来する。くノ一
葱之助(ねぎのすけ)
池照が番組内のコーナー「しのびのやくみ」で扮するキャラクターの1つ。名前はネギに由来する。忍者。
ショガ蔵(ショガぞう)
クマオ君が番組内のコーナー「しのびのやくみ」で扮するキャラクターの1つ。名前はショウガに由来する。
ミョガ丸(ミョガまる)
ウサオ君が番組内のコーナー「しのびのやくみ」で扮するキャラクターの1つ。名前はミョウガに由来する。
シソの神(シソのかみ)
裏道が番組内のコーナー「しのびのやくみ」で扮するキャラクターの1つ。台風でダメになったシソの怨念から生まれた神である。
右左マン(みぎひだりマン)
裏道が番組内のコーナー「交通☆安全 右左マン」で扮するキャラクターの1つ。交通標識交通信号機などが入る派手な衣装を着る。
ミス・ニーハオ
詩乃が番組内のコーナー「全力あいさつ こんにちは隊」で扮するキャラクターの1つ。チャイナドレスを着る女の子。
ミスター・オーラ
池照が番組内のコーナー「全力あいさつ こんにちは隊」で扮するキャラクターの1つ。闘牛士
ナマステ・ベアー
クマオ君が番組内のコーナー「全力あいさつ こんにちは隊」で扮するキャラクターの1つ。頭にターバンを巻く。
ハロー・ラビット
ウサオ君が番組内のコーナー「全力あいさつ こんにちは隊」で扮するキャラクターの1つ。アメリカ風の紳士。
ボンジュールマン
裏道が番組内のコーナー「全力あいさつ こんにちは隊」で扮するキャラクターの1つ。保存袋を付け忘れられたフランスパンの怨念から生まれた神であり、たくさんのマカロンに飾られる。

書誌情報[編集]

久世岳 『うらみちお兄さん』 一迅社、既刊5巻(2020年5月29日現在)
巻数 発売日 ISBN 備考
1 2017年9月27日 ISBN 978-4-7580-1575-2
2 2018年4月27日 ISBN 978-4-7580-1597-4
3 2019年1月29日 ISBN 978-4-7580-1628-5
4 2019年10月29日 ISBN 978-4-7580-1666-7
5 2020年5月29日 ISBN 978-4-7580-1693-3(通常版)
ISBN 978-4-7580-1694-0(特装版) 久世岳がシナリオを書き下ろし、テレビアニメ版のメインキャラクターのキャストが出演したドラマCDが付属[11]

テレビアニメ[編集]

2019年10月25日に発表された[1]。2019年12月28日には東京国際展示場で開催された同人誌即売会『コミックマーケット 97』の一迅社ブースにてウサオ君とクマオ君の着ぐるみが登場するというプロモーションが行われた[12]

発表当初は2020年の放送を予定していたが、制作上の都合で翌2021年に延期された[13]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ a b pixivコミック版では第19話「神様信じますか」で明かされた。
  2. ^ 第33話「世界のこんにちは」(コミックス第4巻に収録)では、仕事帰りの裏道の後をつけていた。

出典[編集]

  1. ^ a b “『うらみちお兄さん』アニメ化決定 神谷浩史らキャストも解禁”. ORICON NEWS (オリコン). (2019年10月25日). https://www.oricon.co.jp/news/2147293/full/ 2019年12月13日閲覧。 
  2. ^ 平松梨沙. 「うらみちお兄さん」特集、久世岳インタビュー. インタビュアー:平松梨沙. 株式会社ナターシャ. p. 1. コミックナタリー.. https://natalie.mu/comic/pp/uramichi 2019年12月14日閲覧。 
  3. ^ 一迅社WEB | うらみちお兄さん”. www.ichijinsha.co.jp. 2019年12月13日閲覧。
  4. ^ “『うらみちお兄さん』アニメ化決定! 神谷浩史さんをはじめとする豪華主要キャスト情報が公開!”. ファミ通.com (KADOKAWA). (2019年10月25日). https://www.famitsu.com/news/201910/25185730.html 2019年12月14日閲覧。 
  5. ^ a b c d e “体操のお兄さんのブラックな笑いを描く『うらみちお兄さん』アニメ化 体操のお兄さんのブラックな笑いを描く『うらみちお兄さん』アニメ化”. リアルサウンド (株式会社blueprint). (2019年11月2日). https://www.excite.co.jp/news/article/Crankin_7043904/ 2020年6月3日閲覧。 
  6. ^ 第31話「パパンとトゥギャザー」(コミックス第4巻に収録)より
  7. ^ 第21話「極寒スパイラル」(コミックス第3巻に収録)より
  8. ^ a b c “TVアニメ「うらみちお兄さん」追加キャストに木村良平、鈴村健一、小野大輔”. コミックナタリー (株式会社ナターシャ). (2020年5月26日). https://natalie.mu/comic/news/380516 2020年6月3日閲覧。 
  9. ^ 第42話「俺の地元の遊び」(コミックス第4巻に収録)より
  10. ^ a b 平松梨沙. 「うらみちお兄さん」特集、久世岳インタビュー. インタビュアー:平松梨沙. 株式会社ナターシャ. p. 3. コミックナタリー.. https://natalie.mu/comic/pp/uramichi/page/3 2019年12月14日閲覧。 
  11. ^ “『うらみちお兄さん』最新5巻“ドラマCD付き特装版”発売決定!表田裏道役・神谷浩史さんらが出演”. エキサイトニュース (エキサイト). (2020年3月4日). https://www.excite.co.jp/news/article/Nijimen_0000000000064094/ 2020年6月3日閲覧。 
  12. ^ “うらみちお兄さん:テレビアニメが2020年放送 ウサオくんとクマオくんがコミケに登場”. MANTANWEB (株式会社MANTAN). (2019年12月13日). https://mantan-web.jp/article/20191213dog00m200052000c.html 2019年12月13日閲覧。 
  13. ^ “うらみちお兄さん:テレビアニメが放送延期 2021年放送へ”. MANTANWEB (株式会社MANTAN). (2020年6月26日). https://mantan-web.jp/article/20200626dog00m200066000c.html 2020年6月26日閲覧。 

外部リンク[編集]