うらかわ馬フェスタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

うらかわ馬フェスタは、日高育成牧場を中心会場に、北海道浦河郡浦河町で、毎年7月下旬に行われる馬事行事である。

このイベントは毎年7月から8月にかけて行われていた「シンザンフェスティバル」と「浦河競馬祭(うらかわ けいばまつり)」を統合したもの[1]で、北海道有数の馬産地である浦河郡最大の伝統行事である。

内容[編集]

シンザンフェスティバル[編集]

日本の競馬史上2頭目(戦後初)のクラシック三冠馬を獲得したシンザンの業績をたたえ、1986年より開催されている。同行事では、浦河郡の観光PR大使として活躍するミス・シンザンの新年度メンバーの任命・表彰式(毎年2名程度。メンバーには翌年1月の京都競馬場に招待され、シンザン記念の表彰プレゼンテーターも務める)を初め、GI・JpnIクラスの重賞で優勝した日高管内の生産馬の牧場関係者表彰、一般参加者によるサラブレッドの馬上結婚式(以上同フェスタ1日目)、メイン会場の日高育成牧場の施設見学会、さらに競馬ファンの著名人を迎えたトークショーなどの馬事関連のアトラクションを主としている。

浦河競馬祭[編集]

同フェスタ2日目に行われる草競馬選手権大会。1957年開始。このコンテストでは、日高地区で生産されたポニーや、サラブレッドアングロアラブの競走馬を一堂に集め、地元の乗馬クラブ、スポーツ少年団の騎手たちが熱戦を展開する。また、ジョッキーベイビーズ全国大会(小学4年-中学1年対象 10月 東京競馬場)の出場権1人をかけた「ジョッキーベイビーズ北海道地区予選大会」[2]が2レース行われ、その2つの競走の総合成績1位の騎手が全国大会出場権を獲得する。

浦河競馬祭で行われる競走[編集]

  • 馬フェスタオープニングカップ(トロッター
  • 柏陽館特別(繋駕速歩競走
  • ジョッキーベイビーズ北海道地区予選大会(ポニー
    • 1回戦 ポニー・サマーダッシュ・ダービー
    • 2回戦 北海道地区代表決定戦
  • 神威岳特別(F1馬予選大会)
  • うらら湖特別 GIII(F1馬決勝大会)
  • 天満街道記念 GII(軽種馬=サラブレッド・アングロアラブ対象の予選大会上位入賞馬による決勝大会)
  • 全日本純和種カップ GII(日本産馬限定大会)
  • 浦河ダービー GI(ポニー)
  • シンザングランプリ GI(軽種馬)

出典・注[編集]

  1. ^ 金岩武吉の「ざっくばらん」うらかわ馬フェスタ
  2. ^ 2014年度のみ札幌競馬場のリニューアル記念として「札幌地区予選大会」が行われたため、平年の北海道大会は「浦河地区予選大会」として行われた。

外部リンク[編集]