うみねこのなく頃に episode1 - Legend of the golden witch

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
うみねこのく頃に
When They Cry 3
episode1 〜Legend of the golden witch〜
ジャンル ミステリーファンタジー
ゲーム
ゲームジャンル サウンドノベル
対応機種 Windows 95 / 98 / Me / XP
NEC PC-98シリーズ除く)
推奨環境 CPUPentium II 400MHz 以上
メモリ:128MB 以上
HDD空き容量:600MB以上
DirectX 8.0a 以降
ゲームエンジン NScripter
開発元 07th Expansion
発売元 07th Expansion
ディレクター 竜騎士07
キャラクターデザイン 竜騎士07
メディア CD-ROM 1枚
プレイ人数 1人
発売日 2007年8月17日
売上本数 不明
レイティング 未審査
画面サイズ 640×480
キャラクターボイス なし
漫画
原作・原案など 竜騎士07
作画 夏海ケイ
出版社 スクウェア・エニックス
掲載誌 ガンガンパワード月刊ガンガンJOKER
レーベル ガンガンコミックスガンガンコミックスJOKER
発表号 2008年2月号 - 2009年2月号(ガンガンパワード
2009年5月号 - 9月号(月刊ガンガンJOKER
巻数 全4巻
小説
著者 竜騎士07
イラスト ともひ
出版社 講談社
レーベル 講談社BOX
刊行期間 2009年7月 - 2009年8月4日
巻数 2巻(上下)
テンプレート - ノート
プロジェクト ゲーム漫画ライトノベル
ポータル ゲーム漫画文学

うみねこのなく頃に episode1 - Legend of the golden witch』(黄金の魔女の伝説)は、同人サークルである07th Expansionが製作している同人ゲームうみねこのなく頃に』の、シリーズ第一作である。

2007年8月17日コミックマーケット72において発表され、販売開始された。タイトルは『うみねこのく頃に』と、「な」を赤文字で表記する。

概要[編集]

本作の主人公である右代宮戦人を中心としたストーリー(魔女VS戦人)だが、時折視点が変わり、親や他のキャラクターの場面も出てくる。

前半は、親族が集まり会合するだけだったのが、魔女からの手紙や碑文通り行われる殺人事件によって、後半は18人しかいないはずのこの島に、19人目が存在するのかというのが、大きなテーマとなっている。

ストーリー[編集]

大富豪の右代宮一族の年に一度の親族会議の日。当主の館がある孤島「六軒島」に集まった一族郎党18人は、右代宮家に伝わる伝説の魔女「ベアトリーチェ」を名乗る人物からの手紙が届けられたことを切っ掛けに、凄惨な連続殺人に巻き込まれる。折からの台風により、島は行き来のできないクローズド・サークルと化している。犯人は一族郎党18人の中にいるのか、未知の「19人目」が隠れているのか。疑心暗鬼の渦巻く中、殺人事件は加速していく。

殺人事件[編集]

本作の殺人事件は人間には到底行えない殺人が多々ある。それを魔女の仕業なのか人間の仕業なのかを見極めるのが、本作の大きな分岐点となる。

また、死体の多くは碑文に見立てられて殺されており、殺人が行われた場所には魔法陣魔女からの手紙が残されている。これらの小道具の存在が「魔女ベアトリーチェが魔法によって殺人を犯した」という印象を登場人物たちに与えている。

(被害者の欄の横に書かれたカッコ内は見立ての内容を示す)

第1の事件 「薔薇庭園の倉庫」
被害者 … 蔵臼・留弗夫・霧江・楼座・紗音・郷田(第一の晩・六人の生贄)
薔薇庭園の倉庫の中で顔面の損壊した6人の死体が発見される。顔面全てが損壊した死体と側面のみ損壊した死体があった。現場の鍵は使用人室にあったため、使用人の目を盗んでこっそりと持ち出すことが不可能だった。倉庫のシャッターには魔法陣が描かれていた。
第2の事件 「書斎」
被害者 … 金蔵
夏妃と絵羽が、事件の事を知らせに行った際に、それまで書斎に籠りっ放しだった金蔵が消えていた。その日の朝に、夏妃が金蔵に会った後、絵羽がドアにレシートを挟んでいて、そのレシートの位置が変わっていなかったことから、金蔵は部屋をドアから出なかった、と絵羽が推理する。そのことから、夏妃が朝に窓から突き落したと絵羽は推理するが、戦人はいなくなっていた時に部屋のどこかに隠れていた可能性を指摘し、第1の事件で絵羽のアリバイがないことなどで、その場は保留となる。
第3の事件 「本館の絵羽・秀吉の部屋」
被害者 … 絵羽・秀吉(第二の晩・寄り添う二人)
ドアチェーンのかかった部屋の、ドアの隙間からは見えない位置で絵羽と秀吉の死体が見つかった。ドアチェーンの隙間から凶器を投げた、と戦人は推理したが両者ともドアの外からは姿が確認できず、その方法は不可能だった(お茶会にて、二本の杭を自由に操って殺すという方法をベアトリーチェは戦人に見せた)。ドアの隙間には、第三の晩の内容と一致する手紙が置かれていた。
第4の事件 「ボイラー室」
被害者 … 金蔵(第四の晩・頭)・嘉音(第五の晩・胸)
どこからともなく悪臭がするので、嘉音と熊沢が調べに行った際に、二人は地下(ボイラー室)に誰かが行くのを見た。そこで嘉音は熊沢を置いて一人で犯人を追い、犯人と対峙する。嘉音は鉈で犯人の制圧を試みるも、返り討ちに遭い胸に深々と凶器を刺される。戦人たちがやってきた時には、ボイラー室には犯人の姿はなく、開け放されたドアと事切れた嘉音が残されていた。ボイラー室の悪臭の原因は焼却炉で焼かれていた金蔵の遺体であり、死後数時間が経過していた(長い時間を経て、上に臭いが至った)。
第5の事件 「書斎」
残った者たちが、犯人の手から逃れるべく館内で一番安全だと思われる書斎で籠城をしている間に、突如机の上にベアトリーチェからの手紙が出現し、誰がこの手紙を置いたのかで論争となり集団内に不和が生まれる。それを根拠に夏妃は物理的距離から手紙を置くことが可能な位置にいた真里亞・源次・南條・熊沢を犯人の一味だと断定し、書斎から追い出す。
第6の事件 「客間」
被害者 … 源次(第六の晩・腹)・南條(第七の晩・膝)・熊沢(第八の晩・足)
何らかの理由で使用不能だった電話が鳴り、その受話器から聞こえてきた謎の歌が真里亞の声だと分かった四人は急いで客室に向かったが、そこは一面血の海と化しており、源次・南條・熊沢の三人は第一の事件の犠牲者同様顔を耕された死体になっていた。真里亞はベアトリーチェに「壁に向かって歌っていれば何が起きても聞こえない」と言われたから歌っていると言う。客間には鍵が掛けられており、密室状態だった。
第7の事件 「玄関ホール」
被害者 … 夏妃(第九の晩・魔女復活)
客間でベアトリーチェからの手紙を拾っていた夏妃が玄関ホールに出向き、そこでベアトリーチェと決闘するも、敗北。眉間に銃弾を撃ち込まれた形で死ぬ。
第8の事件 「後日談」
被害者 … 戦人・朱志香・譲治・真里亞(第十の晩・黄金郷)
後日、やってきた警察により、現場検証が行われ、人間の身体の一部分がいくつか発見される。真里亞に関しては顎の一部分が発見され、歯科治療の記録から本人のものと断定されたが、戦人・朱志香・譲治の3人については死体すら見つからず行方不明である。このような凄惨な現場状況から、最後まで生き残っていた子供たちも含めて18人全員の生存は絶望的だと見られている。

TIPS[編集]

“チェス盤をひっくり返す”
戦人や霧江がよく使う理論。相手の立場になって考える、という意味。
だが、ルールや目的(チェスで言えば、相手と自分のルールが違う、相手は勝つことが目的ではない)が違えば、あまり役に立たない脆弱なものである。

漫画[編集]

スクウェア・エニックス刊『ガンガンパワード2008年2月号より連載開始後、同誌の休刊に伴い2009年に創刊した『月刊ガンガンJOKER』に移籍して2009年9月号まで連載。「episode1」の連載終了後は、同じ掲載誌の10月号より「episode3」に連載が移行している。

作画:夏海ケイ

  1. ISBN 978-4-7575-2309-8 2008年6月21日 初版発行
  2. ISBN 978-4-7575-2445-3 2008年12月22日 初版発行
  3. ISBN 978-4-7575-2589-4 2009年6月22日 初版発行
  4. ISBN 978-4-7575-2752-2 2009年12月22日 初版発行

アニメ[編集]

「うみねこのなく頃に」第1 - 5話。

  • 第1話 EpisodeI-I opening
  • 第2話 EpisodeI-II first move
  • 第3話 EpisodeI-III dubious move
  • 第4話 EpisodeI-IV blunder
  • 第5話 EpisodeI-V fool's mate

小説[編集]

著:竜騎士07 イラスト:ともひ 講談社BOX

外部リンク[編集]