うつくしま未来博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:開催期間中の会場及び各種パビリオン等の画像提供をお願いします。2010年10月
うつくしま未来博
JAPAN EXPO IN FUKUSHIMA 2001
BEAUTIFUL FUKUSHIMA FUTURE EXPO
イベントの種類 地方博覧会
通称・略称 うつくしま未来博
正式名称 ジャパンエキスポ イン 福島2001 うつくしま未来博
開催時期 2001年7月7日9月30日(3か月、86日間)
会場 日本の旗 日本 福島県須賀川市
主催 うつくしま未来博協会
プロデューサー 宮本倫明
来場者数 165万7,002人(目標:200万人)
公式サイト

うつくしま未来博(うつくしまみらいはく)は、2001年7月7日から9月30日まで、福島県須賀川市で開催された地方博覧会。日本で初めての中で開催された博覧会である。

概略[編集]

猛暑の影響で序盤の来場者は低調であったが、中盤からは1日あたりの入場者数が増加、最高となった9月23日には62,621人が来場した。
  • 172億400万円の収入に対し、支出は160億300万円、約11億7千万円の黒字を計上した。

パビリオン等[編集]

パビリオン (12)[編集]

  • からくり民話茶屋
福島県の民話を聞かせるパビリオン。会場内でも特に人気が高く、閉幕後は同様の施設が郡山駅内に設けられていたが、2016年10月に閉店した。[1]
パビリオンとして唯一残されたムシテックワールド
  • なぜだろうのミュージアム ムシテックワールド
博覧会終了後、開催地の須賀川市が引き継ぎ、2001年11月から「ムシテックワールド」の名称で昆虫科学をテーマにした科学館として開館した。ほとんどのパビリオンは撤去されたが、この建物のみが科学館として残されている。

その他、開催期間中は以下のパビリオンが設けられた。

企業未来館 最先端技術、未来のくらしの体験ゾーン (17)[編集]

沿革[編集]

1993年
県民運動の第Ⅱ期シンボル事業として地方博覧会を開催する方向性が固まる。(第Ⅰ期はふくしま国体
1995年
  • 8月18日 - 名称、会期、会場、テーマが決定。
  • 名称:うつくしま未来博
  • 会期:7月の夏休みから約90日間
  • 会場:須賀川テクニカルリサーチガーデン用地内(須賀川市)
  • テーマ
日本語:美しい空間 美しい時間
英語:BEAUTIFUL LIFE, BEAUTIFUL LAND
1996年
1997年
1998年
ふくしま国体のマスコットキャラクターとして登場し、この博覧会では家族として再登場した。
家族構成は、のキビタン、のキビママ、長女のキビィ、長男のキビマルである。
  • 9月3日 - 県民総参加を支援する県民組織「うつくしま未来博推進協議会」発足。
  • 11月6日 - 通商産業省(現:経済産業省)の特定博覧会、通称「JAPAN EXPO」の認定を受け、正式名称が決定。
  • 正式名称
日本語:ジャパンエキスポ イン 福島2001 うつくしま未来博
英語:JAPAN EXPO IN FUKUSHIMA 2001 BEAUTIFUL FUKUSHIMA FUTURE EXPO
  • 10月12日 - 須賀川テクニカルリサーチガーデン内にて、用地造成工事の安全祈願祭が行われる。同時に、この日から、県庁前に開幕残日表示灯が点灯する。
1999年
  • 6月16日 - 第2次収支計画を決定、総額174億円、入場料金は当日券で大人3,000円に決定。
  • 9月 - 第1次マスタープランがまとまる。同時期に、うつくしまナイトファンタジーのプロデューサーが久石譲に決定。
  • 9月9日 - 和歌山県南紀熊野体験博閉会式会場にて、ジャパンエキスポ旗の引き継ぎを受ける。
2000年
2001年
同博覧会に先立ち開催された。メインテーマは「ほんとの空がある うつくしま、ふくしま。」
2002年

エピソード[編集]

  • 会場中央のでは、夜間開催期間中にウォータースクリーンを使用した久石譲プロデュースの劇「うつくしまナイトファンタジー」が上映された。
  • 期間中、会場にはラジオ福島サテライトスタジオが設置された。
  • DIVA〜歌姫〜Festivalとして知念里奈ライブが開催された。
  • 猛暑のため、熱中症により倒れる者が続出した。会場に休憩所や日陰が少なかった事が原因だった。
  • 福島県内の小・中学校では学校単位で無償入場が出来たため、遠足とは別に訪れる学校があった。

閉幕後[編集]

  • 会場となった須賀川市の須賀川テクニカルリサーチガーデンは、産業・住宅団地として須賀川市が分譲する計画だったが、交通の便があまり良くないことなどから、2006年の時点で6割以上が売れ残っている。
  • 会場跡地に韓国系50階建てマンションの建設構想があったが、中止となった。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • うつくしま未来博 公式記録
  • 福島民報朝刊

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]