うちの女房にゃ髭がある

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

うちの女房にゃ髭がある(うちのにょうぼうにゃひげがある)は、1936年(昭和11年)公開の千葉泰樹監督の日活映画。また、主演を演じた杉狂児美ち奴の歌った同名の主題歌

1954年津田不二夫監督によりリメイクされており、杉狂児は同作にも出演している。

概要[編集]

和田邦坊のユーモア小説が原作[1]。主題歌の作詞「星野貞志」はサトウハチローの筆名。

内容は恐妻家のサラリーマンと妻とのドタバタ劇である。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

  • 「うちの女房にゃ髭がある」(歌・杉狂児・美ち奴 作詞・星野貞志 作曲・古賀政男
  • 「あゝそれなのに」(歌・美ち奴 作詞・星野貞志 作曲・古賀政男)
    • 後に同名の映画1937年公開)も作られており、本作同様に津田不二夫がリメイクしている。

脚注[編集]

  1. ^ 和田邦坊”. 20世紀日本人名事典(コトバンク所収). 2017年1月6日閲覧。

外部リンク[編集]