うちでのこづち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

うちでのこづち(打ち出の小槌、打出の小槌)とは、振ることにより様々なものが出てくるとされる伝説上の(つち)。日本説話昔話に登場している宝物のひとつである。の持つ宝物であるとされるほか、大黒天(だいこくてん)の持ち物であるともいわれ、富をもたらす象徴として描かれる。

概要[編集]

欲しいもの、願い事を唱えて振ると願いどおりの物があらわれる効果を持つ。隠れ蓑、隠れ笠と並び称されており、福を招く宝物であるとされる。

室町時代に書かれた『御伽草子』のひとつである『一寸法師』では、姫を襲った鬼がこのうちでのこづちを所持しており、一寸法師によって退治された際にこれを落としてゆく。一寸法師は姫に「大きくなれ」とこづちを振ってもらって体を大きくしてもらい、立派な武士として身を立てる結末となっている[1]。現在、一般に流布している昔話としての一寸法師でも同様にうちでのこづちが一寸法師を大きくするために使われる面が大きくあつかわれているが、『御伽草子』では背を大きくしたり、金銀を出したりする以外に、鬼を退治したあとの疲れをとるために次々とおいしそうなを出すなどの効果も発揮しており[1]、その用途は幅広い。

平安時代末期[注 1]の仏教書『宝物集』には、打ち出の小槌は宝物だけではなく牛や馬、食物や衣服など心のままにすべて出現させる事が出来るが、打ち出した物はまたこれすべての音を聞くと失せ果せる物であり、結局は現世に実在する宝物と言えるべきものではないという内容の説話を収録している[2][3]

うちでのこづちは、日本において大国主(おおくにぬし)の神と同一視されるようになった大黒天の持ち物であるといわれ、大黒天像は槌を持った姿で製作されることが多い[4][5]。しかし、どのような記述によって大黒天が槌を持つ姿が製作されるようになったのかは明確ではない[5]

昔話[編集]

一寸法師のほか、日本各地で伝承されている昔話の中では、鬼の所有している宝物として登場するほか、異界を訪問した人物がうちでのこづちをおみやげとして持ち帰り、欲しいものを唱えて振ると願いどおりの物があらわれ長者になったとする展開で登場する。その様子を見ていた隣人がうちでのこづちを借り、欲を出した願いを早口で唱えると誤認されて違うものがあらわれ、痛い目に合うという結末をもつ話も多く存在する。

  • 高知県高岡郡などにつたわる昔話では、売れなかった節季用の薪木を海へ捨てた正直者が竜宮から礼品としてうちでのこづちをもらう[6]
  • 鹿児島県長島町などにつたわる昔話では、末娘の婿が邪慳にあつかわれたことから姑に渡すべき立派な薪(十三生木)を海などに捨てた結果、竜宮から感謝され、うちでのこづちをもらう[7]

桃太郎が鬼ヶ島で手にした宝物として隠蓑、隠笠、打出の小槌があげられてもいる例も過去の文献には存在していた[8]山東京伝による絵本『絵本宝七種』(1804年)に書かれた桃太郎の話のなかでも、鬼ヶ島で手に入れたうちでのこづちを桃太郎が振ってさまざまな宝物を出している姿が描かれている[9]

平家物語におけるこづちと鬼[編集]

平家物語』巻6「祇園女御の事」には、うちでのこづち自体は登場しないが、うちでのこづちを持った鬼が出たという噂が立ったとする話が記されている[10]

祇園女御平清盛の母親)が白河法皇の愛人だった頃、ある夜その祇園のほとり住まい近くの御堂に、手には「聞こゆる打出の小槌」らしいものが輝き、頭髪も針の山のごとく光る人影が出現し、鬼であると周囲が恐怖した。北面の武士として護衛に付添っていた平忠盛に確かめさせると、それは灯籠をともすためにはたらいていた油つぎの法師であった。手に持った燃えさしを入れた容器が小槌、頭にかぶっていた雨よけの麦藁が針のような髪と誤認されたのだった。『源平盛衰記』で書かれている同説話では「土器に燃杙(もえぐい)を入れて」おり、これが消えぬように息で吹くと「ざと光り、光るときは小麦の藁が輝き合ひて、銀の針の如くに見えけるなり」と描写されている[8]

ここに書かれている「聞こゆる打出の小槌」という表現から、鬼の持物として「うちでのこづち」が有名であったことがうかがえられ、説話や物語などに見られる鬼の登場する物語がその原典であろうことが考察されている[11]

保元物語』でも源為朝鬼ヶ島に住む鬼の子孫たちから失われた鬼の宝を聞き出す場面などがあり、そのような説話の上で鬼たちのもつ宝物に「うちでのこづち」が加わっていたものと推察されている[11]。『保元物語』で登場している鬼の宝物は諸本によって記述が違い「隠蓑、隠笠、浮履(うきぐつ)、沈履(しづみぐつ)、剣」[12]とその存在がうかがえないが、半井本系統では「うちでの履」という宝物の名があり「うちでのこづち」の誤記ではないかと見られる。

文化[編集]

  • 宝づくし(たからづくし)
福を招く宝物であるということから、衣服や調度品などに利用される「宝づくし」という文様の図案のひとつとして用いられている。
  • 小槌笛(こづちぶえ)
うちでのこづちを題材とした郷土玩具。持ち手の部分が笛として音が鳴るよう細工されている。
  • 宝槌(たからづち)
民俗行事などに使われるもので、福の神の持ち物のひとつとして用いられる。青森県北津軽郡鶴田町では「じょばうち槌」(に用いられる木槌)にの葉などを結び、長いをつけたものを家々に投げ込む行事がおこなわれていた[13]

脚注[編集]

補注[編集]

  1. ^ 『日本大百科全書』(1985年版)では「鎌食初期」とあるが、後の版では「康頼宝物集〔1197年頃〕上」を挙げる

出典[編集]

  1. ^ a b 島津久基校編『お伽草子』岩波文庫 1936年 156頁
  2. ^ 平康頼撰、宝物集(平康頼撰)、足立四郎吉編、『大日本風教叢書』 第第1輯巻342–3頁、1919年http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/957220 
  3. ^ 高橋, 亨「無名草子における引用関連文献の総合的調査と研究2004年
  4. ^ 川口謙二 『日本の神様読み解き事典』 柏書房 1999年 ISBN 4-7601-1824-1 387頁
  5. ^ a b 権田雷斧 『仏像図鑑』上巻<復刻版> 八幡書店 2000年 ISBN 4-89350-283-2 136頁
  6. ^ 関敬吾『日本昔話大成』第6巻 角川書店 1978年 14頁  竜宮童子の話型に分類されている。
  7. ^ 有馬英子 『かごしま・民話の世界』春苑堂出版 2003年 24-25頁
  8. ^ a b 井乃香樹 『紀記の神話と桃太郎』 建設社出版部、1941年http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1439690 
  9. ^ 『江戸のメルヘン 絵本とおもちゃ絵展 目録』 くもん子ども研究所 1988年 12頁
  10. ^ 高橋貞一編、「巻6「祇園女御の事」」 『平家物語』上巻 講談社、1972年、376-頁。 
  11. ^ a b 志田義秀「下篇 2 桃太郞槪論」 『日本の伝説と童話』 大東出版社、1941年、305–6頁http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1453466 
  12. ^ 井乃香樹 『紀記の神話と桃太郎』 建設社出版部、1941年。169頁
  13. ^ 『津軽の民俗』 吉川弘文館 1970年 246頁

関連項目[編集]