鷽替え

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
うそかえから転送)
Jump to navigation Jump to search
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:各地の木鷽の画像提供をお願いします。2017年2月
鷽替えの石像(岩津天満宮・愛知県岡崎市)
野鳥のウソ

鷽替え(うそかえ)とは、主に菅原道真祭神とする神社天満宮)において行われる特殊神事である。鷽(ウソ)が(うそ)に通じることから、前年にあった災厄・凶事などを嘘とし、本年は吉となることを祈念して行われる[1]

概要[編集]

元来は太宰府天満宮で古来から行われてきた正月七日夜に鬼すべとともに吉兆を招く神事であった。それが現在では全国へ広がり亀戸天神社大阪天満宮道明寺天満宮など、九州では住吉神社[1]等でも行われる。木彫りの鷽の木像である木うそを「替えましょ、替えましょ」の掛け声とともに交換しあうことで有名であるが、亀戸天神社では前年神社から受けた削り掛けの木うそを新しいものと交換する。多くの神社では正月に行われるが実施日は異なる。

太宰府天満宮では1月7日の刻、亀戸天神社では1月24日25日に行われる。なお、道真が仁和2年(886年)から讃岐を勤めた滝宮天満宮では4月24日に行われる。

由来[編集]

太宰府天満宮で正月七日酉刻に行われる鷽替神事の伝承では、当地にて菅原道真が蜂に襲われた時に、ウソの大群が飛んできて助かったという。各地の天満宮でも同じような伝承が最も多い。そのため、木うそが配られることが多いが、天満宮でなくても配る神社(福岡市住吉神社など)もある。近年は木うそのほかにも張り子や土人形のウソもある。

また、鷽替えは元来大宰府天満宮で鬼すべと共に行われる吉兆神事が発祥とされ、京都市上京区北野天満宮は天神信仰の中心の一つであるが、鷽替え神事は無く、木うそも配布しない。しかし北野天満宮から勧請された天満宮でも鷽替え神事をやっている神社は多い。主に初天神の25日前後に催行される。

実施日[編集]

1月7日

1月11日

1月24,25日

1月25日(初天神祭)

1月25日から2月3日まで。

4月24日

11月3日

なお、北部九州では天満宮以外でも多くの神社で行われる。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 「年中行事事典」p84 1958年(昭和33年)5月23日初版発行 西角井正慶編 東京堂出版

関連項目[編集]