うず巻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:うず巻の画像提供をお願いします。2015年8月

うず巻(うずまき)は、静岡県湖西市(旧新居町)で作られている和菓子である。

製法は小麦粉黒砂糖重曹を混ぜ合わせた生地を鉄板でクレープ状に焼き上げ、名前の通りにうずまき状に巻いた物である。当初は生地のみを巻いたものであったが、小倉を巻いた物も作られている。かつてはカスタードクリームクリームチーズを巻いた物も販売されていたが、製造していた菓子店の廃業により製造中止となっている。形状はあんまきかすまきに似ているが、風味は(原材料がほぼ同じである事から)茶饅頭や薄皮饅頭の皮に似ている。

歴史は比較的新しく、第二次世界大戦時、香港に出征して復員した人が製法を新居町に持ち帰ったのが始まりといわれる[1]。そのため、製法は沖縄県ちんびん等によく似通っている。

かつては複数の菓子店が製造していたが、現在製造しているのは「卯月園」のみとなっている。同店の製品は、周辺のスーパーマーケット浜名湖競艇場の売店等でも購入できる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 卯月園” (日本語). 静岡新聞・静岡放送. 2016年4月21日閲覧。