うずめ飯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

うずめ飯(うずめめし)は島根県西部(石見地方)の山間部で食べられている郷土料理である。「うづめめし」と表記する事があるが、どちらが正しいかは定かではない。

由来[編集]

起源は江戸時代中期頃であろうと思われる。 うずめ飯という名の由来については諸説あり、わさびを気兼ねなく振舞うためのもてなし料理であったという説、質素倹約の時代に役人から贅沢を隠したアイデア料理という説、肉を口にしない時代に肉を口にするためにご飯で隠したという説、など等様々ある。

調理法・食べ方[編集]

椎茸やニンジン、かまぼこ高野豆腐等を賽の目にしたものを塩、薄口醤油で煮る。その上にご飯をのせ、刻み海苔、わさび、三つ葉薬味として加え、熱いだし汁をかけて食べる。 具材は様々だが、地域によっては魚や肉を入れるところがある。 薬味に大葉を用いる事もある。

備考[編集]

  • さよりめし、深川飯、忠七飯、かやく飯と並んで「日本五大銘飯」と呼ばれているうちのひとつである[要出典]
  • だし汁とご飯を冷やして食べる「冷やしうずめ飯」を提供する店が島根県津和野町にある。
  • 調理に手間がかかるので、郷土料理でありながら地元で提供している飲食店は少ない。
  • 自宅でも簡単に調理することの出来る「うずめ飯の素」という商品がある。

関連項目[編集]