うしろノしんでれさん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
うしろノしんでれさん
ジャンル 学園漫画
漫画
作者 佐藤友生
出版社 講談社
掲載誌 月刊少年シリウス
発表号 2010年10月号 - 2011年3月号
巻数 1巻
テンプレート - ノート

うしろノしんでれさん』は、佐藤友生による日本漫画作品。『月刊少年シリウス』(講談社)にて2010年10月号から2011年3月号まで連載し、作者の他の連載予定のために休載となった[1]。ある事情により周囲から浮いた存在になってしまった少年・軽ヶ崎トラと、彼にしか見えない自称幽霊の少女・ミケが、命懸けの試練を乗り越えながら関係を深めていく学園ラブコメディ。

登場人物[編集]

軽ヶ崎トラ(かるがさき トラ)
高校2年生の男子。モテるための不良を目指して不登校を繰り返し、その挙句留年した。二度目の2年生を始めるその日、教室の一番後ろでミケと出逢う。
ミケ
自称幽霊の女の子。トラにしか見えない存在。ほとんどの記憶が無く、「ミケ」という名前もトラがつけたものである。学校で生活している。快活かつ(トラに対しては)遠慮の無い性格。謎の機能を持つ砂時計(サンドグラス)を首からぶら下げている。
木戸生徒会長
高校3年生の男子。トラの親友。男女交際のエキスパート。
小園井 環(こぞのい たま)
3話から登場するトラと同じクラスの女子生徒。病弱ですぐに倒れる。ミケの姿が見え、自身も秘密を抱えている。

単行本[編集]

  1. 2011年3月17日発売[2]ISBN 978-4-06-376267-9

脚注[編集]

外部リンク[編集]