いわき市石炭・化石館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg いわき市石炭・化石館
Iwaki City Coal and Fossil Museum
いわき市石炭化石館.JPG
施設情報
愛称 ほるる
専門分野 化石資料、炭鉱関連
管理運営 一般財団法人いわき市産業振興公社[1]
開館 1984年10月18日
所在地 972-8321
福島県いわき市常磐湯本町字向田3番地1
位置 北緯37度00分45秒 東経140度50分54秒 / 北緯37.01250度 東経140.84833度 / 37.01250; 140.84833
公式サイト いわき市石炭・化石館
プロジェクト:GLAM

いわき市石炭・化石館(いわきし せきたん かせきかん)は、福島県いわき市常磐湯本町字向田にある博物館である。

概要[編集]

1984年に開館。いわき市、特に本施設が立地する旧常磐市は、かつて常磐炭鉱の企業城下町として発展し、現在でも炭鉱の坑道跡を利用した温泉施設が有名である。また、いわき市内では多くの化石が発掘されることで有名であることから建設された。

館内は化石展示室と石炭展示室に大きく分けられる。化石展示室にはいわき市内のみならず世界各地の化石が展示され、地球の歴史を学べるようになっており、いわき市内で発見されたフタバスズキリュウの巨大な復元標本が展示されている。 『ザ!鉄腕!DASH!!』の企画でTOKIOのメンバーが市内大久町で発掘した化石は当館に寄贈され展示されていたが、現在はいわき市海竜の里センターに展示されている。

石炭展示室は常磐炭田の歴史や採掘道具の展示などや、当時の炭鉱町の生活を復元したコーナー、抗口エレベーター、模擬坑道などが再現されており、当時の雰囲気を体感できる。この場所は映画『フラガール』の常磐炭田のシーンに使われた。

2010年4月22日、リニューアルオープン。同時に全国公募により愛称を「ほるる」とし、ロゴマークも新しくした。展示物の配置や照明などの展示の工夫、エレベーターの増設やバリアフリー化などにより以前より見学しやすい施設になった。また隣接する「ウッドピアいわき」では、フラガールなどで使用された台本や衣装などの展示を始めた。

開館時間[編集]

午前9時 - 午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館日[編集]

第三火曜日、1月1日

入館料[編集]

  • 一般 630円(団体570円)
  • 中学生、高校生、大学生 420円(団体380円)
  • 小学生 320円(団体280円)

※団体料金対象は20名以上

施設[編集]

本館[編集]

1階

  • 化石展示室
  • 模擬坑道
  • 生活館
  • 講堂
  • 売店
  • 多目的ホール

2階

  • 学習・標本展示室

屋外施設[編集]

  • ウッドピアいわき
  • 岩石園
  • 昭和の杜六坑園

など。

交通[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]