いのの

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

いのの鈴木しげる)は、日本男性漫画家イラストレーター長野県松本市出身、埼玉県上尾市在住。ロリ顔でありながら肉感的な絵柄と、美麗なカラー絵が特徴である。1990年代には成人向け漫画雑誌で、2000年以降は主に同人誌で活動している。2007年以降は非成人向け(いわゆる一般向け)作品を中心に手がけると表明している。第1回アフタヌーン四季賞1987年春のコンテスト)佳作、第3回アフタヌーン四季賞1987年秋のコンテスト)準入選、第37回ちばてつや賞佳作、出だしで勝負!新人賞2015大賞。

来歴[編集]

  • 大学在学中より漫画を描き、1987年アフタヌーン四季賞創設時から投稿、佳作・準入選に輝く。
  • その後1997年頃までは主に成人向け漫画雑誌(東京三世社『ホット・パンツ』『コミックSHAKE』など)において活動していた。1998年にはチェリーブラッサム社の成人向けゲーム『黒い波紋』の原画を担当した。数年の充電期間を経て、活動の場を同人誌に移す。
  • 作品の分野ごとにスタジオ名、ペンネームを変える傾向がある。1990年代の成人向け商業誌時代の作品は鈴木しげる名義、『黒い波紋』以降の成人向け(非商業漫画誌)作品はいのの名義としている。
  • 商業誌での漫画活動を終えた後も、『FANTASY COCKTAIL』誌(2004年8月号で休刊)で、巻末1ページコラム『絵夢の部屋第2室』を連載していた。
  • 2007年(コミックマーケット72)からは、徒草まさむ(時計堂)名義となった。
  • 2014年頃まで活動休止していたが、2016年現在はPixivなどをベースにいのの(18monkeys)名義で活動を再開した。

人物[編集]

  • 大のゲーム好きであり、パソコン向け海外製ストラテジーゲームを好む。ただし、最近は体力の衰えを理由にネットゲームからは少し遠ざかっているようである。
  • テレビニュースを観るのが趣味で、自身のブログにもしばしば題材として登場する。

作風[編集]

  • 初期作品は紙とペン、カラーインクなどを用いた、いわゆるアナログ作業環境であった。しかし、1990年後期からは、ペン入れ後の作業をデジタル化するようになり、色味も落ち着いたものとなった。
  • 彩度の低い紫色を好む傾向がある。ほぼすべてのカラー絵に、紫色が使われている。
  • 漫画作品では、コンプレックスを抱えた登場人物がモチーフとなることが多い。
  • 社会派であると(半ば冗談で)自認している。作品中に社会的なテーマが込められていることもある。
  • 股間の陰毛を描かず、ひも状になった下着で隠すことが多い。
  • おしっこをお漏らしする描写が多い。また、放尿シーンでは1ページ以上を使って尿の流れを精密に描写するなど、こだわりが感じられる。
  • 擬音(どげしッ)や描き文字に特徴がある。

作品リスト[編集]

投稿作品[編集]

成人向け商業漫画(鈴木しげる名義)[編集]

成人向けゲーム(いのの名義)[編集]

  • 黒い波紋(原画担当、1998年10月9日/チェリーブラッサム)

同人作品(いのの名義)[編集]

  • うにころ(2000年12月30日/FD)
  • カラスがパンティ持ってった日の朝(2001年8月12日/CD-ROM)
  • 2回目のえっち(2001年12月30日/CD-ROM)
  • 内緒のあいあい(2002年8月11日/CD-ROM)
  • 秘密の萌え帳(2002年12月30日/B5判28ページ)
  • えっちなメイドさん(2003年4月29日/B5判28ページ)
  • えっちなメイドさん2 陵辱編(2003年8月17日/B5判40ページ)
  • えっちなメイドさん3 蹂躙編(2003年12月30日/B5判40ページ)
  • 眼鏡っ娘な妹と禁断のあぁ…うぅ(2004年8月15日/B5判30ページ)
  • モイモイのにくどれえ宣言(2004年12月30日/B5判34ページ)
  • ゆみちゃんの恥ずかしい告白(2005年4月24日/フルカラーB5判12ページ)
  • Navy Blue Pants(2005年8月14日/B5判40ページ)
  • 変身 -HENSIN-(2005年12月30日/B5判40ページ)
  • 完全なる蛞蝓(2006年4月23日/B5判28ページ)
  • えっちなロリータ(2006年8月13日/B5判36ページ)
  • 恥辱むちむちメイド姫(2015年12月3日/ダウンロード)

同人作品(徒草まさむ名義/大人の童話シリーズ)[編集]

  • お化けの通る家・前編(2007年8月19日/B5判54ページ)
  • お化けの通る家・後編(2007年12月31日/B5判54ページ)
  • DOLL愛 準備号(2008年2月10日/B5判12ページ)
  • DOLL愛 1話 カエルの王子編(2008年5月5日/B5判46ページ)
  • DOLL愛 2話 カエルの王子編(2008年8月17日/B5判48ページ)
  • DOLL愛 3話 カエルの王子編(2008年12月30日/B5判54ページ)
  • 恋するママの夢見る世界 イラスト&設定(2009年2月15日/B5判8ページ)
  • 恋するママの夢見る世界(2009年5月5日/B5版40ページ)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]