いのちの行進

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いのちの行進
The start of the 2009 March (2009)
2009年の行進開始
日付 1974年1月22日 (1974-01-22)以来毎年
(ロー対ウェイド判決記念日).
場所 ワシントンD.C.
ウェブサイト www.marchforlife.org

いのちの行進、またはマーチ・フォー・ライフMarch for Life)とは、アメリカ合衆国最高裁判所 がロー対ウェイド訴訟で人工妊娠中絶を合法化した判決日かその前後に毎年ワシントンD.C.で開催されるプロライフの集まりである。いのちの行進教育防衛基金(March for Life Education and Defense Fund)によって組織されている。行進の全体的な目標は、ロー対ウェイド判決を覆すことである[1][2]

第38回いのちの行進は、議会は週末には開会されないため、通常の1月22日ではなく、2011年1月24日に行われた。2013年は、大統領就任式に対応するため、2013年1月25日に移された。2017年の行進は1月27日に開催される[3]

歴史[編集]

1974年1月22日、アメリカ合衆国議会議事堂西の階段でネリー・グレイによって第1回のいのちの行進が開催され[4]、2万人が参加したと見積もられている[5]

日程[編集]

いのちの行進は正午頃に始まる[6]。通常、4番街近くのナショナルモールでの集会で構成される。それに続いてコンスティチューションアベニューNWを下り、1番街で右折し、その後、別のラリーが開催される米国最高裁判所の階段で終了する。多くの抗議者は、バラを送っったり議員にロビー活動をすることで、一日が始まる[7]

主張[編集]

カトリックのテレビ放送が行進を中継。

「私たちはいのちを選ぶ」、「今こそ中絶を終わらせる」、「あなたのお母さんはいのちを選んだ」、「あたえられたいのちを、奪うな」、「いのちを守れ」、「中絶は殺人」、「生まれる赤ちゃんの虐待をやめよ」、「赤ちゃんの女性も平等に権利を与えられている」と掲げ、中絶はホロコーストであると主張している。

行進では、「いのちを選ぶ、赤ちゃんは死を選ばない」と歌われる。

参加者数[編集]

2003年から2009年の間、行進参加者は約25万人であったが、その後は増加しており、2011年と2012年の行進はそれぞれ40万人と推定され、2013年の行進は65万人と推定されている[8][9][10]

1987年の第14回行進は、約5千人が吹雪にもかかわらず参加した[7]。毎年、多くのティーンエイジャーと大学生が行進する。教会や/青少年グループと一緒に旅行するのが典型的である。ワシントン・ポストのコラムニスト、ロバート・マッカートニーは、約半数が30歳未満であると推定している[11]

日本でのいのちの行進[編集]

日本では優生保護法(現母体保護法)の成立した7月13日前後の7月第2日曜日にいのちの行進が行われている。

2014年7月13日、日本で最初のいのちの行進がProlife jpと小さないのちを守る会の協力により東京都内で行われ、33人が参加した[12]

2015年7月12日、2回目のいのちの行進が東京都内で行われ、約80人が参加した[13]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Janofsky, Michael. for Life”&st=cse “Words of Support from Bush at Anti-Abortion Rally”. The New York Times. January 23, 2004. Retrieved November 9, 2009.
  2. ^ 宇田川史子「レーガン・ブッシュ政権と最高裁判所: ロー対ウェード事件判決をめぐって」、『東洋女子短期大学紀要』26号、東洋女子短期大学、1994年、 13-31頁。
  3. ^ for Life 2017|newspaper=March For Life
  4. ^ Notice of death at Washington Post.com
  5. ^ Official March for Life website–About Us Retrieved 2012-02-17.
  6. ^ “Pro-life activists march on court; Call on Obama to ‘save lives’ by opposing pro-choice bills”.The Washington Times, D.C. Area Section, A18. January 23, 2009. Retrieved November 9, 2009
  7. ^ a b Toner, Robin “Rally Against Abortion Hears Pledge of Support by Reagan”. The New York Times. January 23, 1987. Retrieved November 22, 2009
  8. ^ Harper, Jennifer (2009年1月22日). “Pro-life marchers lose attention”. The Washington Times. 2011年1月27日閲覧。 “[T]he event has consistently drawn about 250,000 participants since 2003.”
  9. ^ Portteus, Danielle (2013年2月9日). “Newport: 650,000 In March For Life”. The Monroe Evening News. 2017年1月22日閲覧。
  10. ^ Youth Turnout Strong at US March for Life”. Catholic.net. Zenit.org (2011年1月25日). 2011年2月9日閲覧。
  11. ^ "Young activists adding fuel to antiabortion side"
  12. ^ 「中絶やめよう!」笑顔で行進 マーチフォーライフ クリスチャン新聞 2014年12月21日
  13. ^ 「中絶やめよう!」「小さないのちを守ろう」笑顔で訴え 今年もマーチフォーライフ クリスチャン新聞 2014年7月13日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]