いねむり先生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いねむり先生
著者 伊集院静
発行日 2011年4月5日
発行元 集英社
ジャンル 自伝的小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判
ページ数 416
コード ISBN 978-4-08-771401-2
ISBN 978-4-08-745099-6文庫本
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

いねむり先生』(いねむりせんせい)は、伊集院静による自伝的小説。『小説すばる』(集英社)にて2009年8月号から2011年1月号まで連載された。2012年1月から2014年1月まで能條純一作画で『グランドジャンプPREMIUM』にて漫画化された。また、2013年9月15日藤原竜也主演でテレビ朝日系列でテレビドラマ化、2014年3月2日國村隼主演でNHK BSプレミアムで「拝啓 色川先生」のタイトルでテレビドラマ化された。

色川武大(阿佐田哲也)との出会いにより、最愛の妻で女優の夏目雅子との死別後の大きな哀しみと、自身が陥ったアルコール依存症ギャンブル依存症からの再生を図る姿が描かれる。

あらすじ[編集]

登場人物[編集]

サブロー(伊集院静)
マサコ(夏目雅子)
先生(色川武大)
Kさん(黒鉄ヒロシ)[1]
Iさん(井上陽水)[1]

漫画[編集]

2011年12月に創刊された『グランドジャンプPREMIUM』(集英社、月刊)にて、第2号から[2]第26号まで能條純一作画で漫画化された。2013年2月19日に第1巻と第2巻が同日に発売されたことを記念して、伊集院と能條の合同サイン会が三省堂書店有楽町店にて行われた[3]。単行本は全4巻[4]

書誌情報

テレビドラマ[編集]

ドラマスペシャル いねむり先生』として、2013年9月15日テレビ朝日系列「日曜エンターテインメント」にて放送。主演の藤原竜也と監督・脚本の源孝志は、同局で2011年2月26日に放送されたテレビドラマ『遺恨あり 明治十三年 最後の仇討』以来のタッグとなる。

キャスト[編集]

ほか

スタッフ[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]