いなりん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いなりん
Inarin
対象
分類 豊川市のいなり寿司のマスコットキャラクター
モチーフ キツネいなり寿司
デザイン 公募からの選定
指定日 2009年11月
指定者 「豊川いなり寿司」で豊川市を盛り上げ隊
身長 131 cm
体重 84 kg
関連グッズ 関連グッズを参照
備考 いなりんダンサーズ(INR48
公式サイト いなり寿司で豊川市を盛り上げ隊
テンプレートを表示

いなりんは、愛知県豊川市の観光マスコットキャラクター。「豊川市宣伝部長」にも就任しており、事実上は同市のオフィシャルマスコットでもある。

概要[編集]

豊川市観光協会が街おこしの一環として「地域の名物である『いなり寿司』のブランド化」を打ち出し、豊川市観光協会が製作したと思われがちだが、地元の穂の国青年会議所が「豊川いなり寿司」のシンボル的なアイテムを作れないかと「マスコットキャラクターのデザイン公募、およびそのマスコットの着ぐるみの制作」を行ない、全国から集まった900点の作品から選ばれたのがいなりんである。

2009年11月のイベントでお披露目された。なお名前は三河弁で「いなり寿司、食べて下さい」を意味する「いなり寿司、食べりん」から付けられた[1]

特徴[編集]

性別は男の子。キツネといなり寿司とが融合したようなキャラクターで、背中からは油揚げに詰められたシャリがはみ出そうになっている。

  • 身長 131 cm
  • 年齢 もうすぐ2歳
  • 体重 84 kg
  • 好き いなり寿司、みたらし団子(ご当地名物)
  • 嫌い 暑い日(お米がカピカピになる為)
  • 趣味 市民ウオッチング、温泉めぐり、紅しょうが作り、ひなたぼっこ
  • 仕事 豊川いなり寿司のPR、遊び
  • 父 いなごん - 音羽地区特産の「音羽米」を作る農家。
  • 母 いなりんこ - いなりずしを使った創作料理を作るのが趣味。
  • 友達 イナリソ - いなりんがそのまま黒くなったような姿。

いなりんの歌[編集]

2011年2月に、以下の三曲が「いなりんの歌」に認定される。この内、土性さんの「だいすき いなりん」は、DVDにされ、市内の幼稚園・保育園に配布された。

  • CODE-Gの「RAP THE いなりん」
  • 土性(どしょう)暖乃香さんの「だいすき いなりん」
  • 南英市さんの「いなりんって知ってるかい」

いなりんダンサーズ(INR48[編集]

執筆時点においては、公式なダンサーとはなっていない。元々、いなりんのプロモーションビデオ作成時に、ダンススクールT・C Sproutが、「いなりんの歌」を歌うCODE-Gの呼びかけにより作った50人程のダンスユニットである。名前の由来は、INaRinの3文字と、50人近いメンバーの数からきており、命名者は、プロモーションビデオ撮影においてADを務めた女性である。INR48は、2011年7月24日のいなり楽市における公開撮影においてデビューをはたした。

  • 名称 INR48
  • 通称 いなりんダンサーズ
  • 所属 T・C Sprout
  • 構成 小学生・中学生の女性が主体(男性および、多少年上の女性等も混じる)
  • 代表曲 RAP THE いなりん

RAPTHEINARINのプロモーションビデオ[編集]

2011年8月19日に、いなりんの歌である「RAP THE いなりん」のプロモーションビデオが完成。いなり寿司で豊川市をもりあげ隊のHPにて公開されている。内容は、ZIP-FMミュージックナビゲーターの小林拓一郎が豊川市に観光に来た際、謎の力により豊川稲荷に引き寄せられ、そこに現れたいなりんが、豊川稲荷やその門前を紹介してくれると言うもの。最後は夢オチの様であるが、夢オチでは無い。いなりんの歌を歌う、CODE-Gおよび、INR48、商店街の方々、観光に来ていた方々、豊川市が本拠地のインターネットテレビ局、豊川観光協会等が力を合わせて制作した、市民制作のPVである。

関連グッズ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]