いなごの佃煮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
いなごの佃煮

いなごの佃煮(いなごのつくだに)とは、バッタの仲間の昆虫イナゴ佃煮にした料理である。

この料理の食味は一般的な佃煮と同じく甘辛く、わずかに緑茶の茶葉のような爽やかな風味もある。歯ごたえは小エビに似る。

イナゴは長野県群馬県など、海産物が少ない山間部を中心に多く食用とされる。佃煮にされるのは、体長3センチメートル前後のイナゴの成虫である。関東の一部では売られている地域もある。

長野県伊那谷地方などのように、蜂の子ざざむしゲンゴロウといったイナゴ以外の昆虫(またはその幼虫)を佃煮とする地方もある[1]。また、佃煮のほか、イナゴを炒めた「なご炒り」という料理もある(長野県大町地方など)。

材料・調理法[編集]

主な材料・調理法は以下の通り。

秋に田んぼなどで大量に発生するイナゴを集める。また、イナゴ料理が盛んな地域では、食用としてイナゴの生体が市販されている場合もある。数日飼って糞出しを行ったのち、ギザギザのある後ろ脚や羽を必要に応じて取り除く。ざるにいれて水洗いし、焙烙(ほうろく。素焼きの土鍋)などで炒ったあと、大鍋で長時間熱湯で煮る。醤油砂糖などの調味料を加え、さらに数時間煮続けることで佃煮となる。

脚注[編集]

  1. ^ 吉本美奈子 (2019年8月12日). “いま注目される「昆虫食」 世界の最新事情、記者が食べながらルポ”. 2020年8月29日閲覧。

関連項目[編集]