いとをかし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
いとをかし
ジャンル 4コマ漫画・コメディ
漫画
作者 楠見らんま
出版社 竹書房
掲載誌 まんがくらぶオリジナル
レーベル バンブーコミックス
発表号 2010年5月号 - 2014年12月号
巻数 全3巻
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画
ポータル 漫画

いとをかし』は、楠見らんまによる日本4コマ漫画作品。

概要[編集]

可愛い女の子と評判の駄菓子屋「伊藤菓子」の主人、「伊藤あおい」は実は男の子。

女の子にしか見えないあおいと、そんなあおいのファンである常連さんや町内の人たち。

駄菓子屋を舞台としたほのぼのとした可愛らしい男の娘コメディ4コマ漫画。

まんがくらぶオリジナル』(竹書房)2010年2月号にゲスト掲載後、2010年5月号から2014年12月号(休刊号)まで連載された。

登場人物[編集]

伊藤あおい
駄菓子屋「伊藤菓子」の主人。
一見すると可愛らしい女の子だが、実はれっきとした男の子。一人称は「ボク」。
見た目だけでなく、料理(お菓子も)や裁縫などの家事が得意だったり可愛いものが好きだったり、仕草や思考も乙女ちっく。
そのため、周囲の男性から好意を抱かれることも非常に多く、それがお店の繁盛にも繋がっている。
しかしながら、本人は「男らしく」あろうとしており、女の子に間違えられる度に訂正している。
軽い天然ボケの様な所もある。が苦手。
身長も低く、年齢も不明[1][2]
この体質は隔世遺伝であることが語られており、祖父があおいと瓜二つであり、イトコの「ゆかり」[3]もまた瓜二つ[4]
非力で、くじ運が無く[5]、画力も無い[6]。うずまきアメのうずまきを見たり、トンボに向かって指を回すと自分が目を回して気を失い、その隙にみどりに女の子服を着せられる。カキ氷を食べても頭は痛くならない体質だが、お腹が痛くなった。
3月生まれのA型で一人っ子[7]
好きな駄菓子:すこんぶ、ちびプリン
みどり
「伊藤菓子」の隣のカフェの店員[8]で、唯一あおいの事を「男の子」として扱っている。
あおいを女装させる[9]等のあおいいじりを好んで行う。
あおいとは対照的に、身長も高くさばさばした性格もあって女子に非常にモテる。
頻繁にあおいのもとを訪れており、本作のもう一人のメインキャラクター。
10月生まれのO型[10]
いつも煙草を咥えている事から20歳以上と思われる。バレーボール部に所属していた。
好きな駄菓子:うま棒、クロ棒
萌黄
通称「モエモエ」。
「みどりお姉様親衛隊」を名乗る女子高生[11]
あおいの事を女の子と思っており、みどりと親しい事からライバル視している。
しかしながら、あおいのあまりの可愛さとイイ子さに敵視しきれずにいる。
胸があまりなく、それを気にしている。
裁縫が得意の様子で、あおいに服を作ってプレゼントしたことがある[12]
好きな駄菓子:キャラメル(などの胸が育ちそうな物)

単行本[編集]

竹書房よりバンブーコミックスで全3巻が刊行されている。

  1. 2012年5月26日発売(2012年6月9日発行)ISBN 978-4-8124-7783-0
  2. 2013年5月27日発売(2013年6月10日発行)ISBN 978-4-8124-8186-8
  3. 2014年12月20日発売(2015年1月3日発行)ISBN 978-4-8019-5062-7

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1巻P63にて子供と言われてショックを受けていることから、ある程度の年齢である可能性が高い。また、すでに高校を卒業している。
  2. ^ 1巻P93より、服もキッズ用。
  3. ^ あおいより年上で子供もいる、更にみどりよりも年上で聞いたみどりに「え…これホラー話?」と言われた。
  4. ^ 1巻P103より。
  5. ^ 1巻P10・P15
  6. ^ 1巻P20やP25など。
  7. ^ 1巻P114。
  8. ^ ケーキ作りを行っており(1巻P111)、趣味も創作ケーキ作り(1巻P115)。
  9. ^ コスプレ衣装は自作(1巻P115)。
  10. ^ 1巻P115。
  11. ^ 親衛隊隊長であり、隊員があと2名いる。ただし、最近は「モエモエを見守る会」(会員2名)になっている。
  12. ^ 1巻P112~113。

関連項目[編集]