半保護されたページ

いつだってやめられる 7人の危ない教授たち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

いつだってやめられる
7人の危ない教授たち
Smetto quando voglio
監督 シドニー・シビリアイタリア語版
脚本 シドニー・シビリア
ヴァレリオ・アッタナーシオイタリア語版
アンドレア・ガレッロ
原案 シドニー・シビリア
ヴァレリオ・アッタナーシオ
製作 ドメニコ・プロカッチ
マッテオ・ロヴェーレ
出演者 エドアルド・レオ
ヴァレリア・ソラリーノイタリア語版
音楽 アンドレア・ファッリ
撮影 ヴラダン・ラドヴィッチイタリア語版
編集 ジャンニ・ヴェッツォシ
製作会社 ファンダンゴイタリア語版
Ascent Film
ライ・チネマイタリア語版
配給 イタリアの旗 01ディストリビューションイタリア語版
日本の旗 シンカ
公開 イタリアの旗 2014年2月6日
日本の旗 2018年6月30日
上映時間 105分
製作国 イタリアの旗 イタリア
言語 イタリア語
製作費 €1,800,000
興行収入 イタリアの旗 $5,482,323[1]
次作 いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち
テンプレートを表示

いつだってやめられる 7人の危ない教授たち』(いつだってやめられる しちにんのあぶないきょうじゅたち、Smetto quando voglio)は2014年イタリア犯罪コメディ映画シドニー・シビリアイタリア語版監督の長編デビュー作品で、出演はエドアルド・レオヴァレリア・ソラリーノイタリア語版など。 社会から弾き出された学者たちが、合法ドラッグでひと儲けしようとする姿を描いている[2]

2017年に続編2部作『いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち』『いつだってやめられる 闘う名誉教授たち』が公開された[3][4]

イタリア映画祭2015で上映された際の日本語タイトルは『いつだってやめられる[5]

ストーリー

神経生物学者のピエトロは勤めていた大学との契約が打ち切られるが、そのことを同棲中の恋人ジュリアに告げることができず、途方に暮れる。 ところが、安価に製造できる合成薬物が驚くほど高い値で売買されていることを知ったピエトロは、計算化学者のアルベルトをはじめ、大学をクビになるなどして不遇な状況にある様々な研究者らを集めて、合法ドラッグを製造・販売することにする。 メンバーそれぞれの専門分野を活かし、ピエトロらのドラッグは品質の良さによってすぐに大人気となり、彼らは莫大な利益を得るようになる。 しかし、ローマのドラッグ市場を牛耳るムレーナに目をつけられてジュリアを人質に取られた上、自ら作ったドラッグを試すうちに薬物依存症となったアルベルトが交通事故を起こし、所持していた大量のドラッグを警察に見つけられてしまったことから、ピエトロらは窮地に陥る。さらに、ムレーナから要求された量のドラッグを作るために必要な薬品を手に入れるため、ピエトロらは薬局に強盗に入るが、薬剤師がピエトロの授業を受けていた学生だったことから計画は頓挫、しかも慌てたメンバーの1人が薬剤師を撃って怪我をさせてしまったことから、事態はさらに混乱する。

ピエトロはまず短期記憶を曖昧にする薬を作って薬剤師に飲ませる。次に、ムレーナから要求された量のドラッグを偽物で用意する。ドラッグが本物であるかをムレーナが確かめる際の飲み物にサンプルとして1錠だけ残っていたドラッグを溶かしておくことでムレーナを騙し、無事にジュリアを取り戻す。さらに、怪我をした薬剤師をムレーナの車のトランクに隠すと、ピエトロは警察に出頭し、自分1人が罪を被り、他のメンバーを赦免してもらう代わりにムレーナを警察に売って逮捕させ、薬剤師を誘拐した罪を着せる。

こうしてピエトロだけが収監され、1年半の月日が流れる。

ジュリアはピエトロとの間に生まれた赤ん坊を連れて面会にやってくる。ピエトロが刑務所で教師として働いて稼いだ給与が生活の頼りであると打ち明けたジュリアは、模範囚のピエトロがあと数ヶ月で出所することに不安を感じていた。ピエトロはもう少し刑務所で働けるように他の囚人らとトラブルを起こすつもりだと答え、これも悪くない選択だろうと言い聞かせる。

キャスト

製作

シドニー・シビリアイタリア語版監督によれば、本作は「首席の学者がごみ収集員」という記事から着想を得ており、この記事をきっかけに実際に研究者たちに取材した結果を参考にしている。また、ロケ場所となった大学から条件として大学の研究員1人の給与1年分を支払うことを要求され、その交渉のために参加しなければならないコミッション(大学の教授会のようなもの)には学位が必要だったものの、撮影クルー内で学位を持っているのが主演のエドアルド・レオだけだったため、彼が代表となってコミッションで交渉し、実際に研究員1人の給与1年分を支払った[6]

日本での公開 

日本では「イタリア映画祭2015」で『いつだってやめられる』のタイトルで上映された後、2018年6月23日からヒューマントラストシネマ有楽町などで開催された、劇場未公開のイタリア映画を特集する「Viva!イタリア vol.4」で劇場公開された[2]

2019年1月9日にソニー・ピクチャーズエンタテインメントからシリーズ3作品を収録した3枚組DVD「いつだってやめられる 3部作コンプリートセット」が発売された[7]

作品の評価

第59回ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞イタリア語版では、作品賞新人監督賞イタリア語版脚本賞主演男優賞エドアルド・レオ)、助演男優賞ヴァレリオ・アプレアイタリア語版リベロ・デ・リエンツォイタリア語版ステファノ・フレージ)など10部門で計12のノミネートを得るが、いずれも受賞はならなかった。

第69回ナストロ・ダルジェント賞イタリア語版では、コメディ映画賞イタリア語版など5部門でノミネートされ、プロデューサー賞イタリア語版のみ受賞を果たした。

出典

外部リンク