いたいのとんでけ (ZORNの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
いたいのとんでけ
ZORN配信限定シングル
リリース2022年7月11日
規格デジタル・ダウンロード
ジャンルヒップホップ
時間4分08秒
レーベルAll My Homies[1]
作詞者
作曲者
ZORN 年表
  • いたいのとんでけ
  • (2022年)
ミュージックビデオ
「いたいのとんでけ」 - YouTube

いたいのとんでけ」は、日本ラッパーZORNが2022年7月11日に配信リリースした楽曲。サウンドプロデュースはBACHLOGICが務めた[2]

ジャケットのアートワークは川上智之と杉山家三女が担当[3]

ミュージックビデオ[編集]

配信日の前日である2022年7月10日、「いたいのとんでけ」のミュージック・ビデオをYouTubeに公開した。ミュージック・ビデオの監督は映像作家の山田健人が担当した[4]

記録[編集]

iTunes Storeなどといった音楽配信サイトにて配信が行われ、オリコンデジタルシングルチャートのデイリーランキング(2022年7月11日付)では6,154DLで首位に初登場し、週間ランキング(2022年7月25日付)では9,349DLで4位を記録した[5][6]Billboard JAPANのダウンロード・ソング・チャート“Download Songs”(2022年7月25日付)では14,770DLで初登場2位を記録している[7]

収録曲[編集]

デジタル・シングル
#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「いたいのとんでけ」ZORNBACHLOGIC 
合計時間:

チャート[編集]

「いたいのとんでけ」(2022年)
チャート 最高順位 出典
Billboard Japan Download Songs 2 [8]
オリコン 週間デジタルシングルランキング 4 [6]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ “ZORN、新曲「いたいのとんでけ」のMVを公開 & リリース。そして、ワンマン公演「LIVE」をさいたまスーパーアリーナにて2022年11月3日(木・祝)に開催決定!”. ABEMA HIPHOP TIMES (株式会社AbemaTV). (2022年7月11日). https://times.abema.tv/articles/-/10030919 2022年7月21日閲覧。 
  2. ^ “ZORN、新曲「いたいのとんでけ」MV公開 今秋さいたまスーパーアリーナ公演開催決定”. Spincoaster (株式会社Spincoaster). (2022年7月10日). https://spincoaster.com/news/zorn-new-song-itainotondeke-mv 2022年7月21日閲覧。 
  3. ^ “ZORN、さいたまスーパーアリーナでワンマン開催&新曲「いたいのとんでけ」公開”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2022年7月10日). https://natalie.mu/music/news/484873 2022年7月21日閲覧。 
  4. ^ “ZORNが新曲"いたいのとんでけ"のミュージックビデオを公開”. FNMNL (株式会社スペースシャワーネットワーク). (2022年7月10日). https://fnmnl.tv/2022/07/10/146527?=1 2022年7月21日閲覧。 
  5. ^ オリコンデイリー デジタルシングル(単曲)ランキング 2022年07月11日付”. ORICON STYLE. オリコン株式会社. 2022年7月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2022年7月21日閲覧。
  6. ^ a b オリコン週間 デジタルシングル(単曲)ランキング 2022年07月11日~2022年07月17日”. ORICN NEWS. 2022年7月21日閲覧。
  7. ^ “【ビルボード】King Gnu「雨燦々」DLソング初登場1位、ZORN/ジョナス・ブルー×BE:FIRSTが続く”. Billboard JAPAN (株式会社阪神コンテンツリンク). (2022年7月20日). https://www.billboard-japan.com/d_news/detail/114582/2 2021年7月21日閲覧。 
  8. ^ Billboard Japan Top Download Songs | Charts”. Billboard JAPAN. 2022年7月21日閲覧。