いすゞ・H系エンジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

いすゞ・H系エンジンは、いすゞ自動車が生産する排気量4 - 8リットルの直列4気筒直列6気筒ディーゼルエンジンである。

シリーズの解説[編集]

1990年、平成元年排出ガス規制適合を機に小型トラック・エルフ、中型トラック・フォワードに搭載された。 それまでの4B/6B系は高信頼性で低回転からのトルクが厚く扱いやすいエンジンで現在も産業用として用いられているが、このエンジンはシリンダーヘッドがコンベンショナルなプッシュロッド式のOHVレイアウトから、SOHCになり滑らかで力強いのが特徴である。近年はダウンサイジングターボにより6気筒から4気筒が主流になりつつある[1]。 また、いすゞ初のコモンレール搭載エンジンでもあった(6HK1-TC系、デンソー製ECD-U2)。

登場間もない頃はSITEC(サイテック)エンジンという愛称が存在した。(4代目エルフ・3代目フォワード)

4気筒モデル[編集]

4HF1-N
4334cc 115ps(平成6年規制)/110ps(平成10年規制)
4HF1
4334cc 135ps(平成元年規制)/130ps(平成6年規制)/123ps(平成10年規制)
4HE1-T
4751cc 160ps(平成元年・6年規制)
4HG1
4570cc 140ps(平成6年規制)/133ps(平成10年規制)
4HJ1-N
4985cc 145ps(平成10年規制)
4HJ1
4985cc 150ps(平成6年規制)/155ps(平成10・15年規制)
4HL1-N
4777cc 130ps(平成15年規制)
4HL1
4777cc 140ps(平成10・15年規制)
4HL1-TC
4777cc 160ps(平成15年規制)
4HL1-TCS
4777cc 180ps(平成15年規制)
4HK1-T
5193cc 170ps(平成10年規制)
4HK1-TCH
5193cc 240ps(平成22年規制)
4HK1-TCS
5193cc 210ps
4HK1-TCC
5193cc 190ps
4HK1-TCN
5193cc 155ps

平成元年・6年規制の最高出力はグロス値、その他はネット値である。

6気筒モデル[編集]

6HE1-N
7127cc 165ps(平成元年規制)
6HE1-S
7127cc 195ps(平成元年規制)
6HE1-TCN
7127cc 220ps(平成元年規制)/230ps(平成6年規制)
6HE1-TCS
7127cc 250ps(平成元年規制)/260ps(平成6年規制)
6HH1-N
8226cc 175ps(平成6年規制)
6HH1-C
8226cc 185ps(平成6年規制)
6HH1-S
8226cc 210ps(平成6年規制)/225ps(平成10年規制)
6HL1-N
7166cc 180ps(平成10年排出ガス規制)
6HL1-S
7166cc 205ps(平成10年排出ガス規制)/190ps(平成15・16年排出ガス規制)
6HK1-TCH
7790cc 300ps
6HK1-TCS
7790cc 280ps(平成10/11年排出ガス規制)/ 300ps(平成17年排出ガス規制)
6HK1-TCC
7790cc 260ps
6HK1-TCN
7790cc 240ps
6HK1-TCR
7790cc 205ps
Duramax 7800
7790cc 275ps(6HK1ベースのGMCブランド向けエンジン)

平成元年・6年規制の最高出力はグロス値、その他はネット値である。

搭載車種[編集]

  • 4HK1-TC系
  • 6HK1-TC系
    • いすゞ自動車
      • フォワード/フォワード特定中型仕様車 (PKG-FRR34/PKG-FSR34)
      • フォワード総重量14,5t/総輪駆動・総重量14t仕様車 (PDG-FTR34/PDG-FTS34)
      • フォワード総重量16t/総重量20t仕様車 (PDG-FVR34/PDG-FVZ34)
      • エルガミオ (PA-LR234/PDG-LR234)
      • エルガ(KL-LV834、PJ-LV234、PKG-LV234及びPDG-LV234、LKG-LV234及びLDG-LV234、QPG-LV234及びQKG-LV234及びQDG-LV234)
    • 日野自動車
  • Duramax 7800
    • GMC Cシリーズトラック、GMC Tシリーズトラック(シャシ共用のキャブオーバー仕様。キャブは旧型いすゞ・フォワード[2]

脚注[編集]

関連項目[編集]