いごもり祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
御田の儀

いごもり祭りは、京都府相楽郡精華町祝園神社で、正月、初申(さる)の日の申の刻(午後4時ごろ)から3日間に行われる祭り(京都府無形文化財)である。

概要[編集]

白装束姿で大たいまつを持って練り歩く御田の儀、氏子が病魔に見立てた竹製の「綱」を引き合い、健康を祈る綱引きの儀、氏子たちは祭りの3日間は音を立てない生活をまもる。音を出さないため窯のふたを縄で縛るなどされる。

この祭りは、祝園神社(精華町)と湧出神社(山城町)の両神社に伝わり、湧出神社では2月中旬に行われる。

参考文献[編集]

  • 「五穀豊穣祈り大たいまつ」朝日新聞 2008年1月11日朝刊20面
  • 「歴史シンポジウム 今南山城の古代史がおもしろい(4)」京都新聞 2000年10月29日朝刊24面
  • 「昭和京都名所図会 7南山城」竹村俊則 大淵香 1989年