西条みつとし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
西条みつとし
プロフィール
誕生日 (1978-04-12) 1978年4月12日(42歳)
出身地 日本の旗 日本 千葉県千葉市
血液型 A型
主な作品
テレビドラマ

下北沢ダイハード
オー・マイ・ジャンプ! 〜少年ジャンプが地球を救う〜

○○な人の末路
ブスだってI LOVE YOU
面白南極料理人
劇団スフィア
映画関西ジャニーズJr.のお笑いスター誕生!
ゆらり
blank13
HERO〜2020〜
その他
TAIYO MAGIC FILM代表
テンプレートを表示

西条みつとし(さいじょうみつとし、1978年4月12日 - )は、日本ドラマ映画監督脚本家演出家劇作家放送作家、TAIYO MAGIC FILM 主宰

2010年3月までは「あれきさんだーおりょう」名義でピン芸人として活動していた。

略歴[編集]

人物[編集]

ピン芸人時代の芸風[編集]

「呪い」ネタ
  • 丑の刻参り」を彷彿とさせる白装束姿に扮し、藁人形に釘を打ちつけながら「呪ってやる!呪ってやる!」と連呼し、日頃の恨みを晴らしていくというネタ。主にエンタの神様でこのネタを披露して知名度をあげた。
男前劇場
  • ネタの内容としてはまず冒頭で「お・と・こ・ま・え~、俺お・と・こ・ま・え~♪」と言う所から始まり、その後自身が体験した「かっこいい話」を披露した後ネタのブリッジとして「お・と・こ・ま・え~」というフレーズを挟む。それを何度か繰り返した後、最後に「お・と・こ・ま・え~だろうか~?」で締めるというものである。
  • 爆笑オンエアバトル」ではこのネタで参戦し、3勝2敗の成績を残す。コンビ時代にも「爆笑オンエアバトル」に参戦経験があり、1度だけオンエアを果たしている。

映画[編集]

監督[編集]

  • HERO~2020~(2020年)監督・脚本
  • 短編映画 JURI(2019年)監督・脚本

脚本

  • 関西ジャニーズJr.のお笑いスター誕生!(2017年)脚本
  • ゆらり(2017年)原作・脚本
  • blank13(2018年)脚本


映画受賞歴[編集]

blank13」シドニー・インディ映画祭 最優秀脚本 受賞

blank13ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017 大賞(作品賞) 受賞

「JURI」ええじゃないか とよはし映画祭2019 とよはし未来賞(審査員賞)受賞

「JURI」SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019 ノミネート

テレビドラマ[編集]

監督・脚本

ドラマ受賞歴[編集]

面白南極料理人ギャラクシー賞 奨励賞 受賞

著書[編集]

笑わせる技術〜世界は9つの笑いでできている〜(2020/5)光文社新書

バラエティ(放送作家)[編集]

お笑い講師(お笑いライブ作家)[編集]

ワタナベエンターテインメントライブ(WEL)作家 2011〜

(サブングル・Wエンジン超新塾サンシャイン池崎やしろ優あばれる君クマムシブルゾンちえみ平野ノラ中村涼子ハナコはなしょーAマッソファイヤーサンダーGパンパンダ笑撃戦隊 他)

ワタナベコメディスクール 講師 2012〜

生徒【四千頭身フワちゃん土佐兄弟丸山礼ワタリ119厚切りジェイソンアンゴラ村長にゃんこスター)他】

舞台[編集]

TAIYO MAGIC FILM 公演

  • 旗揚げ公演(2012年5月)『HERO』
  • 第2回公演(2012年11月)『ウェディング・ドレス』
  • 第3回公演(2013年4月)『サクラサクコロ』
  • 第4回公演(2013年6月)『あかねの間』
  • 第5回公演(2013年11月)『ゆらり』
  • 第6回公演(2014年5月)『センチュリープラント。』
  • 第7回公演(2015年3月) 『ウエディングドレス2015』
  • 第8回公演(2015年6月) 『ゆらり2015』
  • 第9回公演(2015年11月) 『ぼくのタネ』
  • 第10回公演(2016年5月)『センチュリープラント2016』
  • 第11回公演(2016年10月)『サクラサクコロ2016』
  • 第12回公演(2017年9月)『時分自間旅行』
  • 番外公演ミニvo.1(2018年6月)『動き出すカーテン』
  • TAIYO MAGIC FILM 特別公演 第1弾(2019年2月)『自首する男 PREMIUM』
  • 第13回公演(2019年5月)『ぼくのタネ2019』

外部公演[編集]

  • 劇団K助Presents「オムニー」(2010年4月)『ウェディング・ドレス』 脚本・演出
  • 劇団K助Presents「オムニー2」(2010年8月)『球』 脚本・演出
  • 宝映テレビプロダクション新ユニット『素顔♪音符』第3回公演(2010年11月)『ポンポン島』 演出協力
  • pnishプロデュース(2011年1月)『パニックカフェ』(2011年1月) 演出協力
  • 劇団福援隊YOUNG!!(2011年5月)『町のちっちゃなレストラン』 脚本・演出
  • (2011年8月)『あかねの間』 脚本・演出 
  • 劇団K助Presents「オムニー3」(2011年8月)『夏に雪が降る』 脚本・演出
  • 劇団K助Presents「オムニー4」(2011年12月)『自主する男』 脚本・演出
  • 東京セレソンデラックス番外公演「ガッツ・ザ・セレソン」(2012年1月)『CAKE』 脚本・演出
  • 劇団福援隊YOUNG!!(2012年2月)『せせらぎの間』(再演) 脚本・演出
  • 劇団K助Presents「オムニー5」(2012年4月)『JURI』 脚本
  • スーパーエキセントリックシアタープロデュースBluePrint旗揚げ公演(2012年6月)『アグレソの石』 脚本
  • 劇団福援隊 第8回公演(2012年10月)『しにがみ。』 脚本
  • ビジュアルボーイ10周年記念イベント シェイクスピア朗毒パフォーマンス(2012年11月)『ベースボーーール・ハムレット』 演出 
  • スーパーエキセントリックシアター プロデュースBluePrint第3回公演(2013年6月)『DORON!』 脚本
  • 劇団ショーマンシップ公演(2013年6月)『フチガミさんのフトモモtheファイナル』 脚本
  • 劇団福援隊 第9回公演(2014年2月)『シアワセノBellが鳴る。』 脚本・演出 
  • 日本テレビ企画 劇団アイドル・リーグ(2014年3月)『怪人養成スクール・女子部』 脚本・演出
  • スーパーエキセントリックシアター プロデュースBluePrint第4回公演(2014年6月)『Monkey Magic』 脚本
  • 宝映テレビプロダクションプロデュース第12回公演(2014年7月)『いいわよ。』 脚本・演出
  • ワタナベエンターテインメントプロデュース(2014年9月) 『自首する男』脚本・演出
  • 劇団福援隊YOUNG!!(2015年1月) 『優しいKIOKU』脚本・演出
  • 劇団ショーマンシップ公演(2015年2月) 『九州の民話めぐり』脚本
  • スーパーエキセントリックシアター プロデュース BluePrint第5回公演(2015年6月)『鬼ヶ島』脚本
  • 宝映テレビプロダクションプロデュースVo.14(2016年2月) 『期間限定恋愛』(ウッディシアター中目黒)脚本・演出
  • 劇団福援隊 第10回公演(2016年8月) 『もしも、あの時…』 (電気ビルみらいホール) 脚本・演出
  • タイキマニアプロデュースvol.4 (2017年1月)『タチヨミ 第3巻』(下北沢小劇場B1)脚本
  • 宝映テレビプロダクションプロデュース公演Vol.16(2017時2月)『キズイタラ水たまりが出来ていた。』(シアターKASSAI)演出・脚本
  • リュンヌ企画vol.1(2017年3月)『サプライズパーラー』(参宮橋TRANCE MISSION)脚本
  • Red Print Vol.4 (2018年1月)『DORON!〜くノ一編〜』(シアターグリーンBIG TREE THATER)脚本
  • タイキマニアプロデュースvol.5 (2018年1月)『タチヨミ 第4巻』(下北沢小劇場B1)脚本
  • ひだまりの樹 第19回朗読会(2018年9月)『ゆらり』(横浜人形の家4F/あかいくつ劇場)原作
  • ZENRYOKU劇音団 第4回公演(2018年12月)『TWO BOX』〈電話ボックス〉(中野HOPE)脚本
  • 47ENGINE プロデュース(2019年1月)『ショートショートカーニバル ~さらば平成&ありがとう平成~』〈自首する男〉(コフレリオ新宿シアター)脚本
  • テラスサイド 第1回公演(2019年6月)VR演劇『Visual Record ~記憶法廷~』(ウッディシアター中目黒)演出
  • Ojisan +(2019年6月)『女女女女嘘女女女女』〈JURI〉(中目黒キンケロ・シアター)脚本
  • 『HERO ~2019年夏~』(2019年7月)(ヒューリックホール東京)脚本・演出
  • 『スーパーコントライブ』(2019年11月)(ARISE 舞の館)脚本・演出
  • 『にんけん』(2019年11月)(赤坂CHANCEシアター)演出
  • タイキマニアプロデュースvol.11 (2020年1月)『タチヨミ 第6巻』〈JURI〉(下北沢小劇場B1)脚本
  • Kis-My-Ft2 主演○○な人の末路〜僕たちの選んだ××な選択〜』(2020年2月)(東京グローブ座)脚本・演出

あれきさんだーおりょうとして[編集]

外部リンク [編集]