あふがにすタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

あふがにすタン』は、ちまきingWeb上で連載していた日本Web漫画作品、その主人公少女の事を指す。愛称は「あふがん」。アフガニスタンとその周辺国を萌え擬人化した作品である。

概要[編集]

アフガニスタンとその周辺国を題材とした4コマ漫画である。19世紀帝国主義の時代から続くアフガニスタン周辺の紛争産業、近年の動向などを漫画を交えて解説されている。「たん」はスターン (地名)たん (接尾語)を掛けたもの。

ウェブサイトではモノクロで掲載され、単行本ではカラーになっている。

2005年7月26日、幾度の延期を経て三才ブックスから単行本『あふがにすタン』(ISBN 9784861990090)が発売された。2007年12月には続編の『ぱきすタン』(ISBN 9784861991165)の単行本化が同社から発表され、翌2008年8月に発売された。

あふがにすタンの登場人物[編集]

カッコ内はモデルとなった国・組織。

あふがにすタン(アフガニスタン
本作の主人公。癖の強い隣人に囲まれた薄幸な少女。
少々泣き虫で、口癖は「あふっ」
ぱきすタン(パキスタン
自慢したがりで寂しがり屋。あふがにすタンのことを慕っている。
うずべきすタン(ウズベキスタン
威張りんぼうで負けず嫌い。ぱきすタンとよくケンカをしている。
たじきすタン(タジキスタン
ケンカっ早いが仲直りも早い江戸っ子気質。実は少女趣味。
きるぎすタン(キルギスタン
要領がよく、毒舌家。いつも木馬に乗っている。
とるくめにすタン(トルクメニスタン
何を考えているかわからない、不思議な性格の持ち主。
めりけん(アメリカ合衆国
近所で一番のお金持ち。ケンカが強く、自分の正義を疑わない。
あるにゃいだ(アルカーイダ
ご近所を騒がす野良猫集団。外泊中のあふがん宅に住み着いてしまった。

関連項目[編集]