あの頃、マリー・ローランサン2004 A TRIBUTE TO K.Yasui & K.Kato

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
あの頃、マリー・ローランサン2004 A TRIBUTE TO K.Yasui & K.Kato
加藤和彦トリビュート・アルバム
リリース
録音 2004年(ヴォーカル)
1983年(バックトラック)
ジャンル AOR
時間
レーベル Sony Music Associated Records (SMAR)
プロデュース 加藤和彦
朝妻一郎
白川隆三
加藤和彦 アルバム 年表
Catch-35
2003年
あの頃、マリー・ローランサン2004 A TRIBUTE TO K.Yasui & K.Kato
2004年
加藤和彦作品集
2012年
EANコード
ASIN B000ALMUE8
JAN 4547403004663
テンプレートを表示

あの頃、マリー・ローランサン2004 A TRIBUTE TO K.Yasui & K.Kato』は、2004年6月2日に発売された、加藤和彦トリビュート・アルバムである。

解説[編集]

加藤和彦が1983年に発表したアルバム『あの頃、マリー・ローランサン』の発売20周年を期して制作されたトリビュート・アルバムで、前記アルバムのベーシック・トラックを使用し、あらたにヴォーカルを録音したものである。リテイクにあたり、ヴォーカリストとして田中拡邦川口大輔TOKU村上てつや椎名純平の5名のアーティストが起用された。TOKUのフリューゲルホルン以外、ダビング演奏のクレジットはないが、あらたにリミックスが行なわれた結果、ストリングス等の音像に違いがみられる。

加藤はこのトリビュート企画について、「アイデアを優先させるために制作には関与しなかったが、20年前にアルバムを制作したときの自分とほぼ同じ年齢のアーティストによって録音されたヴォーカルを聴いて、旧録音で自分が表現したかった、都会で暮らす者の切なさという部分が今回は若干若いかなという気が少しした」[2]という旨を述べ、ライナーノーツに寄せたコメントには作詞を担当した安井かずみについて「20年経ってもなお生きていて、感じさせてくれ、生きている喜びを味合わせてくれる詩をサラッと書いてしまった安井かずみに改めて感謝を捧げる」[3]と書いている。

本作は、2004年のリリース時にはレーベルゲートCDだったが、のちにCD-DA規格に切り替えられた。

アートワーク[編集]

アートワークにはモデルを起用して撮影された写真を用いており、アルバム・カバーはオリジナルと同じくオレンジ色を基調としたものとなっている。CD帯には以下のキャッチコピーが記載された。

世界初! 全く新しいスタイルのトリビュート盤! リスペクトフル・リワークス!!

収録曲 / パーソネル[編集]

全曲作詞:安井かずみ、作編曲:加藤和彦

  1. あの頃、マリー・ローランサン – (4:17)[1]
    Vocal – Hirokuni Tanaka
    Electric Guitar – Masayoshi Takanaka
    Acoustic Piano – Akiko Yano
    Electric Bass – Willie Weeks
    Drums – Yukihiro Takahashi
    Percussions – Motoya Hamaguchi
    Clarinet Solo & Saxophone – Yasuaki Shimizu
    Strings – Joe Kato Stings
    Orchestrated by Ryuichi Sakamoto
  2. 女優志願 – (4:03)[1]
    Vocal – Daisuke Kawaguchi
    Electric Guitar – Masayoshi Takanaka
    Acoustic Piano – Akiko Yano
    Electric Bass – Willie Weeks
    Drums – Yukihiro Takahashi
    Percussions – Motoya Hamaguchi
    Acoustic Guitar – Kazuhiko Kato
    Synthesizer – Nobuyuki Shimizu
    Saxophone – Jake H.Conception
    Trombone – Shigeharu Mukai
    Strings – Ohno Stings
    Orchestrated by Nobuyuki Shimizu
  3. ニューヨーク・コンフィデンシャル – (3:58)[1]
    Vocal – TOKU
    Electric Guitar – Masayoshi Takanaka
    Acoustic Piano – Akiko Yano
    Electric Bass – Willie Weeks
    Drums – Yukihiro Takahashi
    Percussions – Motoya Hamaguchi
    Acoustic Guitar – Kazuhiko Kato
    Trombone Solo – Shigeharu Mukai
    Strings – Joe Kato Stings
    Orchestrated by Ryuichi Sakamoto
  4. 愛したのが百年目 – (4:47)[1]
    Vocal & Flugelhorn – TOKU
    Electric Guitar – Masayoshi Takanaka
    Acoustic Piano – Akiko Yano
    Electric Bass – Willie Weeks
    Drums – Yukihiro Takahashi
    Percussions – Motoya Hamaguchi
    Synthesizer – Nobuyuki Shimizu
    Orchestrated by Nobuyuki Shimizu
  5. タクシーと指輪とレストラン – (3:57)[1]
    Vocal – Tetsuya Murakami
    Acoustic Piano, Electric Piano, Synthesizer – Nobuyuki Shimizu
    Electric Bass – Kenji Takamizu
    Drums – Shu-ichi"Ponta"Murakami
    Acoustic Guitar – Kazuhiko Kato
    Strings – Ohno Stings
    Orchestrated by Nobuyuki Shimizu
  6. テレビの海をクルージング – (5:12)[1]
    Vocal & Flugelhorn – TOKU
    Electric Guitar – Masayoshi Takanaka
    Acoustic Piano – Akiko Yano
    Electric Bass – Willie Weeks
    Drums – Yukihiro Takahashi
    Percussions – Motoya Hamaguchi
    Acoustic Guitar – Kazuhiko Kato
    Hammond Organ – Ryuichi Sakamoto
    Strings – Joe Kato Stings
    Orchestrated by Ryuichi Sakamoto
  7. 猫を抱いてるマドモアゼル – (4:16)[1]
    Vocal – Hirokuni Tanaka
    Electric Guitar – Masayoshi Takanaka
    Acoustic Piano – Akiko Yano
    Electric Bass – Willie Weeks
    Drums – Yukihiro Takahashi
    Percussions – Motoya Hamaguchi
    Synthesizer – Nobuyuki Shimizu
    Additional Vocal & Acoustic Guitar – Harumi Ozora
    Orchestrated by Nobuyuki Shimizu
  8. 恋はポラロイド – (4:19)[1]
    Vocal – Junpei Shiina
    Electric Guitar – Masayoshi Takanaka
    Acoustic Piano – Akiko Yano
    Electric Bass – Willie Weeks
    Drums – Yukihiro Takahashi
    Percussions – Motoya Hamaguchi
    Synthesizer & Electric Sitar – Nobuyuki Shimizu
    Orchestrated by Nobuyuki Shimizu
  9. 優しい夜の過し方 – (3:47)[1]
    Vocal – Daisuke Kawaguchi
    Electric Guitar – Masayoshi Takanaka
    Acoustic Piano – Akiko Yano
    Electric Bass – Willie Weeks
    Drums – Yukihiro Takahashi
    Percussions – Motoya Hamaguchi
    Acoustic Guitar – Kazuhiko Kato
    Synthesizer – Nobuyuki Shimizu
    Strings – Ohno Stings
    Orchestrated by Nobuyuki Shimizu
  10. ラスト・ディスコ – (4:00)[1]
    Vocal – Junpei Shiina
    Electric Guitar – Masayoshi Takanaka
    Acoustic Piano – Akiko Yano
    Electric Bass – Willie Weeks
    Drums – Yukihiro Takahashi
    Percussions – Motoya Hamaguchi
    Acoustic Guitar – Kazuhiko Kato
    Vibraphone & Glocken – Ryuichi Sakamoto
    Strings – Joe Kato Stings
    Orchestrated by Ryuichi Sakamoto

クレジット[編集]

  • Executive Producer - Kazuhiko Kato
  • Produced by Ichiro Asatsuma, Ryuzo Sirakawa
  • Directed by George Kakizaki for Fujipacific Music Inc
  • Chieko Nakayama for Ki/oon Records
  • Kozo Watanabe for Sony Jazz
  • Motomu Goto for Sony Music Associated Records
  • Ippei Haino for Sony Music Associated Records
  • Taro Miyashiro for Sony Music Associated Records
  • Yojiro Nonaka for Sony Music Associated Records
  • Keiko Ishihara for Sony Music Associated Records
  • Takayuki Uchimura for Sony Music Associated Records


  • Basic Arrangement Kazuhiko Kato & Nobuyuki Shimizu
  • Orchestrated by Ryuichi Sakamoto & Nobuyuki Shimizu
  • Remixed by Tamotsu Yoshida
  • Vocal Recorded by Tamotsu Yoshida, Masashi Matsubayashi, Takeshi Hara, Toshiro Kai
  • Recording Assisted by Masaki Mori, Hiroya Takayama, Osamu Shiota
  • Back Track Recorded by Masayoshi Okawa, Makoto Morimoto
  • Mastering by Hidekazu Sakai
  • Special Thanks to Naoki Kitagawa, Tamotsu Kawanishi, Yasuyuki Ohshio
  • All Songs Written by Kazuhiko Kato
  • All Lyrics Written by Kazumi Yasui
  • All Songs Published by Pacific Music Publishing Co.,Ltd.


  • Art Direction by Hiroyuki Yui
  • Designed by Yoshinari Tajima
  • Photograph - Kiyotaka Saito
  • Styling - Kahori Tomita
  • Hair & Make - IMAKITA
  • Art - Shinsuke Kobayashi (TRIBE)
  • Special Thanks to DRESS CAMP (Discipline)


  • Masayoshi Takanaka Appears Courtesy of Kitty Records
  • Akiko Yano Appears Courtesy of Japan Records
  • Yukihiro Takahashi Appears Courtesy of Alfa Records
  • Yasuaki Shimizu Appears Courtesy of Nippon Columbia
  • Jake H.Conception Appears Courtesy of Dear Heart / RVC
  • Shigeharu Mukai Appears Courtesy of Nippon Columbia
  • Harumi Ozora Appears Courtesy of London Record
  • Nobuyuki Shimizu Appears Courtesy of Dear Heart / RVC
  • Ryuichi Sakamoto Appears Courtesy of Alfa Records

発売履歴[編集]

地域 発売日 リリース 規格 品番 アートワーク 解説 リマスタリング 備考
日本 2004年6月2日 (2004-06-02) Sony Music Associated Records (SMAR) CCCD
CD
AICL-1533
AICL-1632
Hiroyuki Yui 朝妻一郎/白川隆三/加藤和彦 吉田保 【初出】

参考文献[編集]

  • ミュージック・ステディ No.8. 1983年10月号』ステディ出版、1983年10月。
  • 『加藤和彦スタイルブック あの頃、マリー・ローランサン』CBSソニー出版、1983年11月。ISBN 978-4-78-970111-2
  • ミュージック・マガジン 2004年6月号』株式会社ミュージック・マガジン、2004年6月。
  • 『ミュージック・マガジン 2009年12月号』株式会社ミュージック・マガジン、2009年12月。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k 【CD】あの頃、マリー・ローランサン2004 A TRIBUTE TO K.Yasui & K.Kato” (日本語). TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード株式会社. 2017年11月12日閲覧。
  2. ^ ミュージック・マガジン』2004年6月号 p.43
  3. ^ 『あの頃、マリー・ローランサン2004 A TRIBUTE TO K.Yasui & K.Kato』 (AICL-1533) ライナーノーツより

外部リンク[編集]

SonyMusic