あの胸にもういちど

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
あの胸にもういちど
The Girl On A Motorcycle
監督 ジャック・カーディフ
脚本 ジャック・カーディフ
ロナルド・ダンカン
原作 アンドレ・ピエール・ド・マンディアルグ
出演者 マリアンヌ・フェイスフル
アラン・ドロン
音楽 レス・リード
撮影 ジャック・カーディフ
配給 東宝東和
公開 フランスの旗 1968年6月21日
イギリスの旗 1968年10月
日本の旗 1968年12月14日
上映時間 91分
製作国 イギリスの旗 イギリス
フランスの旗 フランス
言語 英語
テンプレートを表示

あの胸にもういちど』(: The Girl On A Motorcycle: La Motocyclette)は、1968年に公開されたイギリス・フランス合作の映画。

概要[編集]

アンドレ・ピエール・ド・マンディアルグの小説『オートバイ』を斬新なタッチで描く。主人公レベッカのモデルとなったのは、マンディアルグの友人だったドイツのモーターサイクル・ジャーナリスト、アンケ=イヴ・ゴールドマン(Anke-Eve Goldmann)で、革のワンピースレーシングスーツを着た最初の女性ライダーである。

当初主演予定だったドイツ人女優が麻薬で急死したため代役にマリアンヌ・フェイスフルが起用された[1]。フェイスフル演じるレベッカの全裸に黒革のバイクスーツをまとった姿に魅了されたことをミュージシャンの鈴木慶一[2]、映画監督の内藤誠[3]鈴木則文[4]井筒和幸[5]らが語っており、鈴木や井筒は自作にこのファッションを引用を考えたという。1971年に放送されたテレビアニメ『ルパン三世』に登場するバイクに乗る峰不二子は監督のおおすみ正秋が本作のヒロインに影響を受け、モデルにしたものである[6]

ストーリー[編集]

レベッカはバイクに跨り、ハイデルベルクへ向かう。レベッカはそこで、婚約中にもかかわらず、大学教授のダニエルと密会を重ね情事に耽っていた。その後レベッカはレイモンドと結婚するも、サディスティックな面があるダニエルとの不倫を辞めることができずに居た。ある日レベッカはダニエルからディオニソスのバイクを贈られる。レベッカはバイクの虜になり夢中で走るが、予想外の悲劇が彼女を待ち受けていた。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
レベッカ マリアンヌ・フェイスフル 中島葵
ダニエル  アラン・ドロン 水島弘
レイモンド ロジャー・マットン 城山堅
レベッカの父親 マリウス・ゴーリング 千葉耕市
カトリーヌ カトリーヌ・ジュールダン

キャッチーコピー[編集]

  • むせかえるような恋の陶酔に ひとつになって燃える男と女- 人気最高・ドロンの魅力がきらめく 華麗なる愛の名作! (リバイバル)

ビデオグラム[編集]

日本では2005年5月11日にDVDがキングレコードより通常版が4935年で、デラックス・エディションが7140円で発売された[1]。 2012年にブルーレイ化の際、テレビ放映の吹き替え音源を収録する動きがあったものの、権利元が音源を紛失しており、一般からも録画音源の募集をかけたものの、最終的に発見することができなかった。

出展[編集]

  1. ^ a b 鬼塚大輔「キネ旬DVDコレクション 『あの胸にもういちど』」『キネマ旬報』2005年6月上旬号、pp.82-83
  2. ^ 鈴木慶一インタビュー「わが青春の60年代セクシーB・ガールズ」『映画秘宝vol.8 セクシー・ダイナマイト猛爆撃』洋泉社、2003年、p.152
  3. ^ 内藤誠『監督ばか』彩流社、2014年、p.76
  4. ^ 鈴木則文『東映ゲリラ戦記』筑摩書房、2013年、p.77
  5. ^ 井筒和幸『ガキ以上、愚連隊未満。』ダイヤモンド社、2010年、p.229
  6. ^ 高橋実『まぼろしのルパン帝国 ルパン三世 ザ・ファーストTVシリーズ』フィルムアート社、1994年、p.218

外部リンク[編集]