あの日 あの時 愛の記憶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
あの日 あの時 愛の記憶
Die verlorene Zeit(失われた時間)
監督 アンナ・ジャスティス
脚本 パメラ・カッツ
製作 スヴェン・ヴォルト
出演者 アリス・ドワイヤー
ダグマー・マンツェル
マテウス・ダミエッキ
音楽 ジュリアン・マース
クリストフ・カイザー
撮影 ゼバスティアン・エドシュミット
編集 ウータ・シュミット
製作会社 MediaPark Film- und Fernsehproduktions
配給 ドイツの旗 Movienet Film
日本の旗 クレストインターナショナル
公開 ドイツの旗 2011年11月24日
日本の旗 2012年8月4日
上映時間 105分
製作国 ドイツの旗 ドイツ
言語 ドイツ語
英語
ポーランド語
ロシア語
製作費 €3,100,000[1]
テンプレートを表示

あの日 あの時 愛の記憶』(あのひあのときあいのきおく、原題: Die verlorene Zeit: Remembrance)は、2011年ドイツ恋愛映画第二次世界大戦中のアウシュヴィッツ収容所で出会い、恋に落ちた男女が命がけの脱走に成功しながらも生き別れになり、30数年後に再会を果たしたという実話をもとにしている[2]

ストーリー[編集]

ニューヨークで生活しているユダヤ人女性ハンナは、かつてナチスの手を逃れてヨーロッパから、アメリカに渡ってきた過去を持つ。ある日、テレビの1970年代の映像の中にある男性の姿を見つける。それは1944年彼女がアウシュヴィッツの強制収容所から逃げ出すのを手助けし、彼女の生命を救ってくれたかつての恋人トマシュだった。 彼女は戦争の終結以来、彼と離れ離れになり、結局彼は死んだと聞かされていたのだ。トマシュに対する彼女の長く抑えられていた感情は、彼女にトマシュを探す旅へと駆り立てるのだった。

キャスト[編集]

批評[編集]

フレームワークの手法とナチスの時代の回想が、時代の錯綜の中で動揺する主人公の心の動きで光を当てられている。抑え気味の音楽と枠組みの整った物語の進行によって、演出がところどころ凸凹しているとしても、感傷に流れることを喰いとどめている。 — Lexikon des Internationalen Films[3]

製作覚書[編集]

この映画は、ドイツでは2011年11月24日映画館でそのプレミアが開催された。[4] アメリカ合衆国では、「Remembrance」(回想)'というタイトルで公開された。


受賞歴[編集]

  • 最優秀監督賞 – アンナ・ジャスティス、タミル・ナードゥ(インド)国際映画祭2012
  • 最優秀撮影賞 – ゼバスティアン・エドシュミット、ワルシャワ・ユダヤ映画祭2012
  • 観客賞(最優秀ドラマ)、 ロサンゼルス・ユダヤ映画祭2012
  • 観客賞(最優秀映画)、 ザグレブ・ユダヤ国際映画祭2012
  • 観客賞(最優秀劇映画)、ロンドン・ユダヤ映画祭2011
  • 観客賞(最優秀劇映画)、香港・ユダヤ映画祭2011
  • 観客賞(最優秀劇映画)、サンフランシスコ、ベルリン& それを超えて映画祭2011
  • 観客賞、メッケルンベルク-フォアポンメルン映画祭2011

参考文献[編集]

  1. ^ Die verlorene Zeit (2011) - Box office / business” (英語). IMDb. 2013年6月22日閲覧。
  2. ^ 映画 あの日 あの時 愛の記憶”. allcinema. 2013年6月22日閲覧。
  3. ^ Die verlorene Zeit im Lexikon des Internationalen Films
  4. ^ Starttermine für Die verlorene Zeit. In: IMDb.de. Abgerufen am 2012-10-18.

外部リンク[編集]