あねかえし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

あねかえしは、米粉よもぎを練り混ぜて作った生地に、をくるんだ餅菓子。岐阜県飛騨地方南部の下呂市萩原地区を中心とする限られた地域で、伝統的に作られている。新緑の季節の5・6月に限定した菓子である。

「あねる」とはこの地方の方言で「練る」ことで、「あねて」「ひっくり返し」ながら生地をつくることから「あねかえし」という名前が生まれた。