あっちこっちマッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

あっちこっちマッチ』は、朝日放送ほかで放送されていたクイズ番組。製作局の朝日放送では1988年10月から1989年3月まで、毎週木曜 18:50 - 19:20 (日本標準時)に大阪ガスの一社提供で放送。

概要[編集]

当時アクティ大阪にあった朝日放送のサテライトスタジオ・ABCエキスタの6×6のマルチビジョンを使用。2人1組のペア3チームが、神経衰弱をモチーフとしたゲームに挑戦。向かって右側のモニター18枚を「あっちパネル」、左側のモニター18枚を「こっちパネル」と呼び、解答者は「『あっち』の○番」「『こっちの』○番」とパネルを指定、正解なら続けて解答、不正解で次のチームに解答権が移る。パネルには様々な項目があり、それらの項目を正しく合わせるが、賞金などの賞品の項目もあった。

ゲームは前半後半に分かれており、前半は10組合わせるまで続けられ、後半は残りの8組の項目がシャッフルされ、全部合わせるまで続けられる。得点は1組1ポイントが基本だが、後半になるといくつかの組に無作為に2ポイントや3ポイントのマークが付けられるため、逆転も可能。

優勝したチームは「スーパーマッチ」の挑戦権を獲得。6×6のモニターにトランプのスート(ハート、スペード、ダイヤ、クラブ)がそれぞれ3×3で表示され、その中に○マークと×マークが2つずつ配置。解答者は4つのスートの中から1つずつ、計2つ選んでモニターを開け、○マークが2つ揃えばペアで行くハワイ旅行を獲得。失敗しても、当てた○マークの数に応じて賞品が贈られる。ゲーム開始前に司会の佐野量子が、○マークと×マークの配置を番組視聴者だけに回転式プラカードでこっそりと公開する「量子の秘密」があった。

この番組は、系列局の新潟テレビ21瀬戸内海放送、ならびにフジテレビ系列富山テレビでも遅れネットで放送されていた。

司会[編集]

関連項目[編集]

朝日放送 木曜18:50 - 19:20枠
前番組 番組名 次番組
あっちこっちマッチ
(1988年10月 - 1989年3月)
※本番組まで関西ローカル枠
不明
※18:50 - 19:00
ハーイあっこです
(1989年4月6日 - 1992年3月26日)
※19:00 - 19:30、同番組以降全国ネット枠